ぱやぱやな人生・教育・生活などなど

けっこう毒舌で、徒然なるままに書いてます by あぱぽよ

幸せを感じるコツ

 

 

幸せを感じるにはコツがある

普段から身の丈に合った生活をすることはアタリ前だが

 

大事なのは「身の丈より少し下の生活水準で暮らす」こと

 

 

例えば、自分の収入が年収500万円だとする。

年収500万円の人の平均家賃が月10万円だとすると、7万円くらいの家賃で暮らす。

年収500万円の人の平均交際費娯楽費が月5万円だとすると、3万円くらいで楽しむ。

 

このように、意識して自分の身の丈よりやや下の水準で普段の暮らしをするように設定しておくと、時々あるちょっとした贅沢で「しっかりと幸せを感じる」ことができる

 

毎日贅沢している人は、その贅沢が当たり前になってしまい、そこに「幸せ」を感じることが少なくなる。なぜなら、人は慣れてしまう生き物だからだ。

 

逆に、日々貧しい暮らしをしている人が贅沢を味わう機会があると、とても贅沢をしているように感じることができる。なぜなら、人は「差違」に敏感だからだ。その差違を逆の視点から利用しようということ。

 

だから、意識して身の丈よりやや下の暮らしで生活を送ることによって、ちょっとした贅沢で「幸せ幸せ」と感じられるようにしていけばよいのだ。

 

「幸せを感じる仕組み化」を自分の暮らしに組み込んでいけばよい。それが「幸せを感じるコツ」の一つ。

 

より上位の「幸せの意識化」については、またの機会に書きたいと思う。