「みのたけ」の 教育・投資・生活etc

できるなら皆が幸せな社会が良いけど、実際むずかしいよね …(苦笑)

実質節税額は1%!? iDeCo(イデコ)って、つくづくダメダメな選択だと改めて理解。なぜ自分を縛る? ドMなの?

 

 

 

数カ月前、iDeCo(イデコ)について「トンデモ商品だ」という記事を書きました↓

 

apapoyo.hatenablog.jp

 

 

 

博識な友人から「イデコはイイでぇ~」と聞いたので調べてみたら、

 

「トンデモ商品じゃん!」と分かったのです。

 

 

詳細は上の過去記事に書きましたが、要約すると以下

 

 

1.期限の縛り

(60歳まで原則途中解約不可)

 

2.年間手数料(固定額)がかかる

 

3.特別法人税(現在凍結中)という超絶地雷を内包している

 

 

 

投資を実践して成功している人なら分かると思うけれど

1が非常にやっかい(というか致命的)

 

 

途中解約不可な上に解約時期も指定されている、しかも手数料を取られ続け、その上で意味不明な課税爆弾を背負っている商品。。

 

 

こんなものは「貯蓄型保険」はもちろん、

「ノックイン型の仕組債」並みにタチが悪い

 

 

貯蓄型保険は割に合わない積み立て商品だけれど、元本割れ覚悟なら「途中解約」が可能最低限の自由は投資家側にある(と言っても、絶対利用しないけど・苦笑)。

 

 

iDeCo(イデコ)のタチの悪さはノックイン型の仕組債並み」という表現でピンときた人は投資慣れしている人かなと思います。

 

iDeCo(イデコ)と仕組債は全然つくりが違うでしょ」という人は、投資の要点がつかめていない人かなと思う。

 

 

 

個人投資家にとって最も大事なことは

売り買い(現金化の時期)を自分で決められるかどうか?

 

これに尽きる。

 

 

 

 

iDeCo(イデコ)の節税利回りは1%!?

いやいや「節税効果は20~30%でしょ」は、目先しかみられていないので気を付けた方がいいと思います↓

media.rakuten-sec.net

 

 

仕組債なんていうトンデモ商品はもちろんダメだが、貯蓄型保険やiDeCo(イデコ)のように資金を強制的に縛り、機会損失を招くような商品に手を出してはいけない。

business.nikkei.com

 

 

 

個人投資家の最大の強みは

売り(現金化の時期)を自分で決められること

 

この理解が大事ですね

 

 

 

 

 

↓それでもiDeCo(イデコ)で縛られたい!というドMな方には、こんな本がよいのではないでしょうか?

 

 

 

 個人的には↓こちらの方が良いと思いますが。投資は自己責任で!!

お金は寝かせて増やしなさい

お金は寝かせて増やしなさい

 

 

 

 

 

全然関係ないけど、G20サミットですね。米中の経済戦争と米イランの核規制戦争、どうなるんでしょうか? 投資家たちは、有事発生、株価暴落を待っているんだろうなぁ…