「みのたけ」の 教育・投資・生活etc

可能なら皆幸せな社会が良いけど、実際むずかしいよね …(苦笑

マスコミの被害者を減らすために

 

↑ DaiGoのマスコミを敵にまわすという勇気ある行動。拡散される価値のある動画。

 

 

「被害者や被害者家族関係者の気持ちを踏みにじるような行動をとるマスコミの記者や責任者の実名を晒し、社会的制裁を加えることに賛成」

 

なぜなら、心ある記者は「書けません。できません」と言う。もしくは、人の不幸で飯を喰うようなことを仕事としなくてはいけない場合は退職する。

 

マスコミには「業界と組織の深い闇」がある。だから、内部にいる記者も犠牲者である場合も多々ある。しかし、強制されても拒絶する(自分は書かない。会社を辞める)という職業選択の権利を記者は持っている。

 

マスコミの中には、心ある人もいれば、サイコパスとしか思えない人もいる。このようなサイコパスがマスコミという権力を持っておくことは危険極まりない。だから、晒して社会的制裁を加える必要がある。

 

逆に、そのように「制裁を加えていくことによって、業界と組織の闇が払われていく」可能性も高い。そうなると、マスコミの中にいる心ある人たちが救われることになる。サイコパスな上司や上層部に強制されていた「人を傷つける仕事」から解放される可能性が高い。

 

加害者でなく被害者の実名を出す。しかも、家族や組織(京アニ)が「出さないでほしい!」と何度も伝えているにも関わらず。それに留まらず、被害者の心を傷つけるような取材を続ける。そんなマスコミや内部の人間は「実際に自分がそういう目に合う必要」がある。

 

そのことによって、マスコミという業界と組織が浄化されていく。マスコミの中に巣くっているサイコパスや悪人に社会的に制裁を加え、マスコミを浄化して、マスコミの中で必死に働いている心ある人たちを救うために。そして何より、これからマスコミの被害に遭う人を減らすために

 

 

↑ 「雁首とってこい!」「泣いとる画を撮ってこい!」。あるよ、そういう指示は絶対にあるある。

 

 

↑ DaiGoが言っているように「マスコミの中にも心ある人もいる」。だからこそ、なんの罪もないどころか被害にあっている人を傷つけたり、そういう指示を出す人間(マスコミ内の権力者)に社会的に制裁を加え、マスコミという業界や組織を浄化していく必要がある。