「みのたけ」の 教育・投資・生活etc

可能なら皆幸せな社会が良いけど、実際むずかしいよね …(苦笑

社会的成功と「個人的成功」=教育者と「宗教者」

  

 

「社会的成功」とは何だろう?

 

一般的に考えると「富、地位、名誉を手に入れること」だろうか。

 

 

では

私は教育者として子どもたちに「社会的成功者」になるための教育をすればよいのだろうか?

 

 

西田一見という人が社会的成功の対概念として「人間的成功」という言葉を使っているけど、なんか気持ち悪いので個人的にはここでは考慮しない。

※「人間的成功」については以下にWeb記事と書籍↓

ビジネスNo.1理論 (「勝ちグセ脳」をつくる3つの力)

ビジネスNo.1理論 (「勝ちグセ脳」をつくる3つの力)

 

 

 

他に「人生の成功」という考え方もあるようだ。これを「社会的成功」と対概念にするため勝手に「個人的成功」と言葉を変えてみた。

 

 

「社会的成功」と「個人的成功」

 

言葉としては対概念になりそう。

 

 

では

「個人的成功」とは何か?

 

社会的成功が富・地位・名誉という「相対的」指標を持つ事柄を成功基準とするなら、個人的成功は「自分軸(自分基準の絶対評価)」

 

 

富・地位・名誉がなくても、自分が「面白い。良いね。幸せだ」と感じられる人生なら成功となるのだろう。

 

 

教育(教育だけでなくすべての情報)は、誤解を恐れずに言うと、洗脳なので、「個人的成功者」を国家規模で教育を通して育むことも不可能ではないと思う。

 

 

現状、そこ(個人的成功者育成)を担っているのは「宗教」かもしれない。

 

 

じゃあ、結局、宗教者でない教育者は「社会的成功」のための教育。つまり、効率的に「富、地位、名誉を手に入れる」ための教育を提供していくのが務めということになりますね…

 

 

うーん。

教育者の領分は「個人的成功」ではなく「社会的成功」への導きか…。

なんだか、それつまんないな。

 

 

将来的には、やっぱり

10代のころから考えてきた宗教者を目指して生きましょうかな ^_^

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

 What is “Social Success”?

In general, it means “to get wealth, status and honor”?

Then, should teachers educate children to become “socially successful person” ?

Ichimi Nishida uses the word “Human success” as a concept of social success, but I don't consider it here because it feels unsuitable.

There is another idea, “success in life”. I changed this "success in life" to "Personal Success" as pair concept of "Social Success".

“Social success” and “Personal success”.

It could be pair concept words.

So what is “Personal Success”?

If "Social Success" is based on the success criteria of having “relative” indicators of wealth, status, and honor, "Personal Success" is based on“ self perspective (absolute criteria from one's self point of view)”.

Even if you don't have wealth, status, or honor, you can be successful of your life when you feel it's “interesting, good, happy”.

Education (all information, not just education) is actually the way of brainwashing, so I think it is possible to nurture “personally successful person” through education on a national scale.

At present, it is “religion” that is being for the development of "personally successful person".

After all, teachers who are not priests are working for growing “socially successful person”. In other words, teachers duty is to provide efficient ways “to get wealth, status, and honor”…

Well. It's not interesting for me...

In the future, I would like to be the Guru (making my new religion), not an teacher but as an educator.

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

図解 世界5大宗教全史

図解 世界5大宗教全史

 

↑左ページは毎回イラストでの説明らしい。分かりやすそう。

 

硬派な方には、同作者・中村圭志さんの中央公論新書

 

大学4年間の宗教学が10時間でざっと学べる
 

 ↑

こちらも半分のページはイラスト解説。島薗先生の本は何冊か読んだことあるので、中村先生を優先して読もうかな。

 

日本仏教史―思想史としてのアプローチ (新潮文庫)

日本仏教史―思想史としてのアプローチ (新潮文庫)

 

 ↑

日本の仏教の「歴史」=日本仏教史について学びたい方にはこちら。仏教学ではなく仏教史です。非常に名著。