「みのたけ」の 教育・投資・生活etc

できるなら皆が幸せな社会が良いけど、実際むずかしいよね …(苦笑)

握り続ければいいだけ(株式投資)

 

 

株クラ投資家のみなさん
なぜ悲観的なのですか?

 

 

「余裕資金」の「現物」なら

 握り続ければいいだけ

 

※私の「余裕資金」の定義は

 半額になって当然

 消えてなくなっても5年間は生活に支障が生じない資金です

 

 

普通のゲームでは
相手がアガったら自分もゲームエンド

 

 

しかし
株式投資は自分がアガるまでゲームを続けられる

 

 

この仕組みになぜ皆が気づかないのか
私には不思議でなりません

 

 

私は「全世界指数の長期投資家」です

 「個別株」には倒産リスクがあり

 私は握り続けられないので

 主力の投資対象にしていません

 

 

※何度も言っていますが

私は現金至上主義=「みのたけ」

先物レバレッジ・インバース

借入・ローンすべて利用しないです

 

 

↓暴落前に書いた私の投資スタイル

 

 

※投資は自己責任

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

キリン🇺🇸投資家ブロガー@kiki7kirin さんの印象的なツイート

 

個別とインデックスは「兎とカメ」の関係に似ている。両者に通ずるところは「見ているところが違う」

兎は、カメ見て、カメはゴールを見ていました。

一方、個別は市場平均と比較し、インデックスは20年後の資産額(ゴール)を見ている。

ゴールを見ずに、隣ばかり見ていては良い結果は生まれない。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

↓私の本丸は「slim全世界」か「VT」ですが、楽しみ趣味として全株式投資額の1割以下を目安に個別株も保有してます。個別株を眺めたいなら、この「長期投資家のためのIR情報バリュートレンド」は見やすい分かりやすい!(そのうち有料になりそう・苦笑)

 

紙幣が紙クズに近づいているかどうか気になる人は、このツールで米国債の長期チャートを見て考えてみるとよいかもですね

 

個人的に「CAPE ratio」と「バフェット指数」の考え方は好みです ^_^

 

 

 

 

まだ読んだことないなら

投資のバイブルを読んでから投資しましょう

↓↓

敗者のゲーム〈原著第6版〉

敗者のゲーム〈原著第6版〉