「みのたけ」の 教育・投資・生活etc

可能なら皆幸せな社会が良いけど、実際むずかしいよね …(苦笑

アゾレス諸島テルセイラ島(ポルトガル)と徒然なる教育や資産管理な雑記

 

アゾレス諸島テルセイラ島(ポルトガル)へ行きたいと思いました。

tripler.asia

 

 

全然関係ないんですけど、日本の保護者ってダメダメなのが混ざっているので、公立学校で先生するとか本当にやめておいたほうがよいと思いますよ。一応、業界に入って20年程、公立・私立・民間の教育機関で働いてきましたが、日本の公立学校はブラックダイヤモンドです

 

そもそも、子どものイザコザに口出すとか、ウマシカですよ保護者が。子どもに選択の自由と責任を持たせず、ギャーギャーと喚き散らして、教師も子供も潰すというのが、日本のウマシカモンスター保護者です。で、熱心・一生懸命に働いている先生から倒れていくというのが日本の公立学校の内部。なぜなら、公仕事は、サボるが勝ちで、頑張る先生に大変な仕事がまわされるけれど、十分な権限は渡されず、一方で給料は年功序列という、どうしようもない構造だからです。

 

本気で教育やりたいなら、民間、せめて私立で働きなさい。というのが、私から教育を志す若者への助言。公教育というのは、熱心・一生懸命・頑張る先生の「善意に頼る」というボンクラな仕組みでございますよ。だから、優秀で良い人から倒れていく、去っていく。私の友人も、2人倒れましたよ。

 

----------------------------------------------

 

閑話休題

別にコレが本題というワケではアリマセンが(笑)。メモです。

 

場所が必要で、管理が大変な資産はよろしくない。管理が大変というのは、維持にお金がかかったり、手間暇、時間が奪われる資産ということ。例えば、持家ですね。

 

私は、田舎の数百年続く農家の長男跡取りですので、故郷には10LDDKKの日本庭園付の屋敷があります。ついでに、田んぼも畑も、山まであります。しかし、維持管理にお金や手間がかかるだけで、資産価値も利用価値も低いです。

 

ハッキリ言って、大きな家なんて邪魔なだけ。便利で安全な立地の、使いやすいマンションを賃貸で借りている方がよっぽど良いですよ。私は、実際そうやって暮らしていますが、田舎のデカいだけの屋敷暮らしと比べ、快適極まりないです。家賃は兎も角、有事の修繕費など維持管理費は大家が払いますからね(笑)

 

父方が経営者一族でしたので、私が子どもの頃には、親族一同で2500万円程のこじんまりしたクルーザーを所有していたりしました。その頃(10代前半)から、私はお金に興味がありましたので、父親に色々と聞いていましたが。その船、普通に維持するだけで年間100万円程の管理費がかかっていました。それに加えて故障などが発生すると、数百万円の修理費がかかったこともありました。バカな道楽ですね。

 

30年程前、父が、当時田舎ではほとんど見ることのなかった「ベーエムベー」を買いました。BMWの5シリーズでした。確かに、乗り心地は日本車(前車はクラウンのロイヤルサルーンでした)と異なり、なんだか飛行機に乗っているみたいで、ずっしりどっしりとした感じで悪くなかったです。でも、日本車と違って、電気系の故障が多く、父も「お金がかかるな」と言っていました。車検だけでなく、色々と維持管理費がかかったようでした。

 

そういう経験から、私が初めて買った車は事故車中古のコミコミ17万円軽自動車でした。次に買ったのは、事故車でない中古軽自動車で、コミコミ14万円でした。今は、中古の中古の商用車みたいな日本の中古車を無料で譲ってもらって、かれこれ7,8年乗っています。そろそろ20年落ち…。

 

家賃も、大学入学当初は親が「どこでもなんでもいいから、安全なところに住んだら?」と言っていたので、近隣相場が5万円弱のに、オートロック・ロフト&シーリングファン付きの7万円強もする高めなマンションに住んでいました。でも、「これは分不相応だ!」と思って、家賃1万5千円の4畳半風呂ナシ共同トイレの下宿に引っ越しました。その後、大学を卒業して、普通の給料をいただきながらも、近くの家賃2万円(風呂共同・トイレ共同)のアパート(〇〇荘)で数年間暮らして貯蓄に励みました。

 

まぁそんなこんなで、中年おじさんの年齢になった今。セミリタイアしてもよいだけの資産形成ができましたが、趣味と実益を兼ね、今でも雇われ仕事をしております。まぁ、それなりに楽しいですし、やりがいはあります。でも、ちょっと飽きてきたなぁというのが正直なところ。だから、今は働きながら大学に属して、新たな資格取得に向けて勉強したりしています。勉強は楽しいですね。たまにイラつく指導教官がいるので、やり合っていますが…苦笑

 

付記

やはり経営者の家に生まれ育つのと、雇われ労働者の家に生まれ育つのでは、色んな感覚(特に労働観など)が異なるのかな、と思うことはあります。妻にも「アナタは経営者の家に生まれたからじゃない?」と言われることもあります。しかし、私のウマシカな妹は、金銭管理がユルユルで、お金も稼げないのに散財して、大した稼ぎもない夫と結婚して、分不相応の不必要な家を住宅ローンで購入して、借金返済に汲々としているようです。結局、「その人しだい」だと私は思います。

 

 

※並行して電気工事士第二種の資格も取りたいなぁ…なんて考えたりもしてます(笑)

2022年版 資格取り方選び方全ガイド

2022年版 資格取り方選び方全ガイド

  • 発売日: 2020/07/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)