「みのたけ」の 教育・投資・生活etc

可能なら皆幸せな社会が良いけど、実際むずかしいよね …(苦笑

2021年2月27日 土曜日の記憶を記録(カレーと弁当と天むすと駐車場と山とコーヒーと河川敷と寺院と昭和そして…中)

 

本日は良き日でした。天気も良く、妻の言葉を借りると「意図せずイイことに出会えると嬉しいね」という色々と良き日でした。

 

先日初めて味わった本格派ピッピーなカレーをもう一度、と。そのカレー屋に向かいましたが、満車満車でしたので、近くの行列弁当屋へ。お初な店でやや戸惑いました。だて、店先にならんでいる色褪せまくった各種メニューは全然取り扱いがなく、並んでいるパックだけの扱い(笑)。そこでビックなモノを夫婦で1つだけ注文。行きつけの駐車場(笑)で、妻と2人で1つの弁当を分け合う。

 

腹が膨れたので、珈琲。近くの評判のパン屋の評判のコーヒーを飲もうかと思ったけれど、妻がググった店へ行くことに。行った先は、これ本当に珈琲屋かな、雑貨屋じゃないの、駄菓子屋?という雰囲気の店。しかし、ブルマンだけでなくゲイシャも格安で扱っていて、しかもちゃんと旨い。温かいうちはブルマンの方が好きだけれど、冷めたらゲイシャのが好き。ドリームドリーム。

 

河川敷を車で走ろうかと思ったけれど、そのまま神山へ。ずっと気になっていたそこは、想像以上に立派でした。何より、周辺の昭和感がステキでしたなぁ。和菓子も上手いし、パンも旨し。カフェのDJさんはカッコ良さげで性格も良さげ。満足満足の昭和地域初訪問。

 

そんな良き午後を過ごして夕暮れ時に帰宅。そこから、妻は夫になり、夫は妻になり、バーチャルリアリティを実践、しっかり中も体験。からの、久々の白菜ミルフィーユ豚バラ酒蒸しを作って、満腹満腹。そして、今に至るという、そんな満車満足満腹な1日でした。

 

今日も一日きみを見てた (角川文庫)

今日も一日きみを見てた (角川文庫)