「みのたけ」の 教育・投資・生活etc

可能なら皆幸せな社会が良いけど、実際むずかしいよね …(苦笑

皇帝以上 40代で自由人になるということ to サイゼリアのマルゲリータピザ(水牛モッツァレラ)400円

 

今年度で現職(正規雇用)を卒業しようと考えている。なので、今期は、毎日のように脳内シュミレーション自由人をしている。

 

今日は、いつものように定時で退社。帰宅してスマホゲームしながらウトウト。ユーチューブを観て、気になったことを検索して。セブンイレブンで買ったお気に入りの「ロースハム&ゴーダ 298円」を半分食す。

 

思い立って、閉店間際のサイゼリアへ。車のラジオからは1番好きな番組「又吉・児玉・向井のあとは寝るだけの時間」が流れていた。閉店時間と言っても深夜ではないけどね、コロナで時短営業…

 

サイゼリアでは「マルゲリータピザ 400円」と「野菜ペースト 100円」を注文。オリーブオイルと唐辛子フレークで、チリオリルを作って食事が届くのを待つ。ついでに、サイゼリアオリジナルのホットソースも持ってくる。その間に妻とやりとり。

 

サイゼリアマルゲリータには水牛バッファローモッツァレラが使ってあるようで、もっちゃりモチモチしているチーズが旨い。家でもセブンのパンを食べてきて、サイゼではピザの下地、小麦小麦で飽きる。野菜ペースト(玉ねぎとパセリ?)で口をリフレッシュさせたり、チリオイルやホットソースで味変。

 

個人的には「タバスコ」の酸味(酸っぱさ)が好きなのだけど、サイゼオリジナル・ホットソースの優しい感じも嫌いじゃない。私は「Nando's」のホットソースが好きなんだけど。日本には未だに Nando's の店舗ないみたいね。初めて食べたのは20年ほど前のマレーシアだったかな? 豪国に住んでいた頃は、けっこう利用した。うまいよね。

 

話が逸れた。明日も仕事なのだけれど、夜から閉店間際フのァミレスへ行った帰り、住まいへ向けて車を走らせる。闇夜を照らす車のヘッドライト、続く道路と住宅街。そして、考える。

 

自由人になったら、毎日こんな風にボンヤリと過ごすのか。仕事のストレスが無いかわり、ピリッと明日のことや時間を意識して過ごすということもない。昔、大学生だったころのような、なんとなくボンヤリとしたユルい時間の毎日を生きることになるのか。

 

今の「実質」時給3500円以上、年間2度の1カ月ほどのヴァケイション、毎日ゆるい仕事、国際色豊かな同僚と上司、お客さんも富裕層が大半で接しやすい。こんな優れた恵まれた職場環境は、日本では少ないと思うのだけど。辞めるか…

 

う~む。優先は、やはり父と母と過ごす時間、そして今後に向け自分自身の人生を深く高く広く快適かつ幸福に設計していくための内省と開拓と察知と探求と構築の時を持っていくということ。妻との時間も今より増やしたいと私は思っている。妻は自分ひとりの時間がシッカリほしいタイプなんだけどね…

 

中年オジサンが、非常に恵まれた仕事を自らの判断で卒業して、自由人になるというのは、これはこれは、とっても、どうしてどうして、なかなか、ふ~む…

 

※私、税込みで50円、100円というキリのよい支払い金額にまとめたサイゼリアの姿勢、素晴らしいと思います。数字が美しい。支払いも気持ちいい。それにしても、サイゼリアコスパの良さ(品質高く、店内清潔、接客も良い、そして激安!)は凄いね。

 

※それは日本のコスパの良さでもある。日経の中藤玲「安いニッポン 価格 が示す停滞」でもあるのかもね。でもね、私はそれなりにお金あっても、そういう高品質低価格のモノで充分に幸せ感じられます。日本に感謝です。ありがとうございます。

 

※贅沢はたまにでいいんです。「たま」だから贅沢に「ありがたみ」を感じることができるのです。自由人になって、「贅沢を日常」にしないように気をつけようと改めておもいました。そもそも、40代の若い時期でFIRE・セミリタイア・アーリーリタイア・隠居ということが非常に恵まれているのでしょう。

 

※そして何より、アイスクリームが100円程度で買えるなんて、昔は皇帝ですら、なかなか口にできないような代物だったハズなのです。ワレワレは皇帝以上に豊かで幸せな待遇、素晴らしい人生を生きているのです ^_^