「みのたけ」の 教育・投資・生活etc

可能なら皆幸せな社会が良いけど、実際むずかしいよね …(苦笑

幸せに生きる「身の丈」の素晴らしい暮らし方 

 

 

幸せを感じるにはコツがあります

普段から身の丈に合った生活をすることは当たり前

 

 

大事なのは

身の丈より少し下の水準で暮らすこと」

 

 

例えば

年収300万:平均交際費が月3万なら→2万で日々を楽しむ

年収500万:平均的家賃が月7万なら→5万の家賃で暮らす

純資産が1億になっても→資産1000万しかなかったころと同じような生活を続ける

 

 

このように

意識して自分の身の丈よりやや下の水準で普段の生活を送る。

 

 

すると、ちょっとした贅沢で「幸せを感じる」ことができます。

 

 

毎日贅沢している人は、その贅沢が「当たり前」になってしまい、そこに「幸せ」を感じることができなくなってしまいます

 

 

なぜなら

良くも悪くも人は慣れてしまう生き物だから。

 

 

逆に、普段は「控えめな暮らし(身の丈以下の生活)」をしておくと、ちょっとした贅沢を味わう機会があると、とても幸せを感じることができます。

 

 

人は「差違」に敏感なので

その差違を逆の視点から利用しようということ。

 

 

意識して身の丈よりやや下の暮らしで生活を送って、

ちょいな贅沢で「幸せ幸せ」と感じて生きていきましょう

 

 

「幸せを感じる仕組み化」

↑自分の暮らしに組み込んでいくとよいですね

 

 

すると

あら不思議

 

いつの間にか

カンタン&幸せに「資産1億円達成」しちゃいますよ  ^_^

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

【2020年7月1日追記以下】

負け組と言われる人達は「自分から負け組になることを選んでいる」

勝ち組と言われる人達には、確かに「運の部分もある」

しかし、勝ちの立場の「持続」は「勇気と挑戦、努力と根性、忍耐と我慢、知恵と工夫」で積みあげてきたナニかがあるからできる

そこには他責もクレクレもない

と、誰かが言っていたとか言っていないとか…

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

みのたけ」で楽しみ幸せ感じながら「いまをいきる」 ^_^

 

ありがとうございます。

 

f:id:apapoyo:20191001023007j:plain

幸せ感謝ありがとうございます ^_^

 

清貧の思想 (文春文庫)

清貧の思想 (文春文庫)

 

 

 

他人依存主義=空気至上主義=自己決定・自己責任からの逃避

 

 

日本という国や日本人集団の行動修正の遅さは本当に酷い。旧日本国がそれを怠ったのが先の大戦であり、現行の日本国では今回のコロナ騒ぎもまた然り。

 

この日本社会の決断修正の遅さ=愚かさの原因は、国民各自が抱えている「決定における他人依存主義=空気至上主義=自己決定・自己責任からの逃避」。

 

これによって、社会全体の空気が変わるまで行動を変容させない=自己決断出来無い空気国民が多数であるという民族的問題を抱えているのが日本人。これを新コロ騒ぎで痛感した。

 

ワールドカップというサーカスを眺め、そこでノーマスクで元気いっぱいに騒いでいる異国人と異国にいる日本人を見て、他国では約1年前にコロナ騒ぎが終わっていると知っても、それでも自己決断して行動変容できない=周り(空気)が変わるまで行動できない日本人マジョリティ。

 

そのような行動決断の他人依存者=自己責任からの逃避者は、主権者(自立した市民)ではない。日本人は自己決定(自分からの行動・発言)から逃れ、他人の顔色をうかがって同調という言葉で体よく自己責任から逃れる卑怯な人間が非常に多い。

空気の奴隷と主体性

 

 

◆理屈の通ったリスクを取ること

◆主導権を持って行動を起こすこと

この2つは「主体的に生きる」必須条件じゃないかな?

 

「空気の奴隷」として生きることと真逆かも?

 

新コロ禍の3年間で明確になった空気人間は

(=ワクチンワクワク、顔オムツ大好きetc)

 

ゼロリスク志向で

(→現実生活にはゼロリスクなんて無い、ということすら分かってない)

 

行動決定は空気に依存

(他人と同じじゃないと何もできない)

まさに、社会の奴隷(=空気の奴隷=空気人間)

 

 

社会の奴隷である空気人間は

◆理屈の通ったリスクを取る

◆主導権を持って行動を起こす

という「主体的に生きる」生き方ができない。

 

それって、主権者なのに自ら主体性を放棄して、結果として社会の奴隷と化しているって気づいているのかな? そんな主体性のない空気任せ他人任せの人たちに参政権なんて必要?

 

 

美名の裏側にある本質

 

 

「美名の裏側にある本質」を見定める“努力や工夫”をしているかどうかは、とても大事。本質を見極めることは難しいが、主権者であるなら少なくとも意識して努力すべき。

 

「耳触りの良いキレイゴト」は受け入れ易いが、そういう類には大抵裏があり、そういうコト言ってる輩は嘘つきペテン師か薄っぺらいニセモノである率が非常に高い。

 

今回の新コロ禍、全社会的な強制検査で、普段キレイゴト言っている個人や組織が上辺だけの嘘つきだという現実が浮き上がった。

 

そして、一見すると優れた学歴や職歴を持っているかのように見える人間の大半も、それらは中身の伴わない虚構的な経歴でしかなく、有事における思考力も決断力もないと判明した。

 

 

緊急ではないが重要

 

 

「どうせ◇◇なのだろう、心配してもムダ、期待してもムダ」「まだ決まってないのだから…」などと言う人は多い。しかし、決まる前の段階が重要。こういう眼前思考者に限って、決まってから大騒ぎする。コトが起こってから騒ぐのでは手遅れで愚かで邪魔なだけ。

 

事前準備と布石打ちの重要性。どんな愚かな人間でもコトが目の前で顕在化したら対応するが、当然それは手遅れ。緊急かつ重要なコトには誰でも対応する。

 

キモは長期視野で眺めて「緊急でないが重要なこと」を粛々と実行し続けることができるかどうか。これ次第で結果が大きく変わる。

 

新コロ騒ぎでも投資でも事業会社でもライフプランニングでも同じ。このような長期視野(長期思考)の有無と、緊急でないが重要なコトの見極めと実践は、気質(センス)に依るところが大きいのでしょうか。私は考えなくても自然体がソッチ側ですが。