「みのたけ」の 教育・投資・生活etc

できるなら皆が幸せな社会が良いけど、実際むずかしいよね …(苦笑)

幸せに生きる「身の丈」の素晴らしい暮らし方 

 

 

幸せを感じるにはコツがあります

普段から身の丈に合った生活をすることは当たり前

 

 

大事なのは

身の丈より少し下の水準で暮らすこと」

 

 

例えば

年収300万:平均交際費が月3万なら→2万で日々を楽しむ

年収500万:平均的家賃が月7万なら→5万の家賃で暮らす

純資産が1億になっても→資産1000万しかなかったころと同じような生活を続ける

 

 

このように

意識して自分の身の丈よりやや下の水準で普段の生活を送る。

 

 

すると、ちょっとした贅沢で「幸せを感じる」ことができます。

 

 

毎日贅沢している人は、その贅沢が当たり前になってしまい、そこに「幸せ」を感じることができなくなってしまいます

 

 

なぜなら

良くも悪くも人は慣れてしまう生き物だから。

 

 

逆に、控えめな暮らしをしている人がちょっとした贅沢を味わう機会があると、とても幸せを感じることができます。

 

 

人は「差違」に敏感なので

その差違を逆の視点から利用しようということ。

 

 

意識して身の丈よりやや下の暮らしで生活を送って、

ちょいな贅沢で「幸せ幸せ」と感じて生きていきましょう

 

 

「幸せを感じる仕組み化」

↑自分の暮らしに組み込んでいくとよいですね

 

 

すると

あら不思議

 

いつの間にか

カンタン&幸せに「資産1億円達成」しちゃいますよ  ^_^

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

【2020年7月1日追記以下】

負け組と言われる人達は「自分から負け組になることを選んでいる」

勝ち組と言われる人達には、確かに「運の部分もある」

しかし、勝ちの立場の「持続」は「勇気と挑戦、努力と根性、忍耐と我慢、知恵と工夫」で積みあげてきたナニかがあるからできる

そこには他責もクレクレもない

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ありがとうございます。

 

f:id:apapoyo:20191001023007j:plain

幸せ感謝ありがとうございます ^_^

 

清貧の思想 (文春文庫)

清貧の思想 (文春文庫)

 

 

 

2021年2月27日 土曜日の記憶を記録(カレーと弁当と天むすと駐車場と山とコーヒーと河川敷と寺院と昭和そして…中)

 

本日は良き日でした。天気も良く、妻の言葉を借りると「意図せずイイことに出会えると嬉しいね」という色々と良き日でした。

 

先日初めて味わった本格派ピッピーなカレーをもう一度、と。そのカレー屋に向かいましたが、満車満車でしたので、近くの行列弁当屋へ。お初な店でやや戸惑いました。だて、店先にならんでいる色褪せまくった各種メニューは全然取り扱いがなく、並んでいるパックだけの扱い(笑)。そこでビックなモノを夫婦で1つだけ注文。行きつけの駐車場(笑)で、妻と2人で1つの弁当を分け合う。

 

腹が膨れたので、珈琲。近くの評判のパン屋の評判のコーヒーを飲もうかと思ったけれど、妻がググった店へ行くことに。行った先は、これ本当に珈琲屋かな、雑貨屋じゃないの、駄菓子屋?という雰囲気の店。しかし、ブルマンだけでなくゲイシャも格安で扱っていて、しかもちゃんと旨い。温かいうちはブルマンの方が好きだけれど、冷めたらゲイシャのが好き。ドリームドリーム。

 

河川敷を車で走ろうかと思ったけれど、そのまま神山へ。ずっと気になっていたそこは、想像以上に立派でした。何より、周辺の昭和感がステキでしたなぁ。和菓子も上手いし、パンも旨し。カフェのDJさんはカッコ良さげで性格も良さげ。満足満足の昭和地域初訪問。

 

そんな良き午後を過ごして夕暮れ時に帰宅。そこから、妻は夫になり、夫は妻になり、バーチャルリアリティを実践、しっかり中も体験。からの、久々の白菜ミルフィーユ豚バラ酒蒸しを作って、満腹満腹。そして、今に至るという、そんな満車満足満腹な1日でした。

 

今日も一日きみを見てた (角川文庫)

今日も一日きみを見てた (角川文庫)

 

 

子育て 教育 信念の土台と忍耐 そして宗教と洗脳

 

【子育て、教育】


人を育てる、教育する。そのために「問いかけて、傾聴して、承認する」という方法(やり方)がある。しかし、大事なことは方法以前、はたらきかけをする側の「あり方」であり「信念」。


「愛情・信頼・尊敬」を土台とし、「人はそれぞれ・人は育とうとする生き物だ・人は自分の中に答えを持っている」という信念を持って、相手にはたらきかけ(問いかけて、傾聴して、承認する)をしていくことが最も重要。


教師や親が児童・生徒や子に対して、「愛情・信頼・尊敬」を土台に「人はそれぞれ・人は育とうとする生き物だ・人は自分の中に答えを持っている」という信念を持っているかいないか。それが、その児童・生徒、子を自立へ向かって育むことができるかの分かれ目だ。


ずいぶん前に学ばせてもらった上記の考え方、想い。これは、その後の現場経験を経ても、変わることはない。


愛情はあっても、子を信頼・尊重できていない親は多い。それは「人はそれぞれ・人は育とうとする生き物だ・人は自分の中に答えを持っている」という信念(概念)がその親にないからではないだろうか。子どもを信じて、尊重し、見守ること。それがとても大事なときは多い。「見守る」という行為には「忍耐」を要する。しかし、子を信じて、子の「自ら育とうとする姿」を見守ってほしい。


教師と児童・生徒の関係も同じ。忍、にん。

でも1番忍耐が必要になるのは対保護者(お金払っている人) >_<

 

※私は、20歳以下の生徒や児童に対しては上記スタンスですが、ハタチ超えてもダメな人(保護者)をどうこうしようとはしないよう心がけています(でも、ついやってしまうけど…)。なぜなら、若ければ若いほど人は成長・変化しやすく、歳を重ねれば重ねるほど柔軟性を失っていき依怙地で扱いづらくなるから。できれば無駄な努力は避け、より効果的なところ(若者)に注力したい(苦笑


※※大人は、一般的な「教育」程度で変えることは難しいです。大人を変えようとするなら、一度「脳味噌洗って(洗浄して)から」→「洗脳」しなおすことが必要。つまり、大人を根本から「変容」させるには力のある「宗教」などを使う必要があると言えるかもしれません。宗教は、好きな領域ですが、専門ではないのでよく分かりませんが…

 

この『日本仏教史 -思想史としてのアプローチ』は、とても好きな宗教本で、何度か読み返しています。

 

 

 

 

介入する親ほどダメな親 『管理は教育の自殺行為である』

 

今日は仕事で改めて思うところがありました。

 

子育て上手な親ほど、子どもの世界に介入しません。逆に、ダメな親ほど子どもの世界に介入します。

 

教育の世界に足をつっこんでから20年程になりますが、↑これはかなり高確率で正しいのではないか、と私は考えています。

 

 

子どもを「見守る」ことは、とても大事。子育て上手な親は、この「見守り」がしっかりできていています。しかし、ダメ親に限って「見守り」は放棄しており、何かあった時だけ「介入」します

 

ダメ親は「我が子を見守っていない」ので自分の子どもやその周りのことを理解してない、そして「不要な介入」を行う。結果として、子どもは成長できず、周りの環境(友達関係など)もダメ親によって「破壊」されていきます

 

そういうダメ親をこの20年で何度も見てきました。そして、ここ1週間もまたそういう過剰介入のダメ親がいるのです。子どもはとても素晴らしい「人間」なのですが、親がその子の才能や可能性、そして周りの環境を壊しています。とても残念です。

 

「過保護」は一般化された言葉であり、ダメ親の典型的な在り方とされています。私は、そこに「過介入」という言葉も付け足したいです。もちろん「過保護≒過介入」です。

 

「過保護ってなに?」 ダメ親に限って、ダメ親とはどのような在り方なのか分かっていない親が多いので、「子どもの世界に過剰に介入する」ことがダメな過保護の典型例ですよ、と世に訴えたい。

 

子育てが上手な親は、しっかりと我が子のことを「見守っている」ので、子どもが子どもの世界で「苦戦」していることに気づいています。気づいていますが、介入しません。するとしても、ほんの少し助言する程度です。なぜなら、人間が生きていく過程で、人間関係で苦労すること、理不尽な目に遭うことなんて、数えきれないほどあるのですから。

 

ですので、賢い親は子ども将来のことを考えて「しっかりと見守るだけ」で極力介入しません。だから、そういう親に「育まれた」子ども達は、苦戦しながらもそれを我慢したり、自分なりに工夫したりして、乗り越えていく力がついていきます。

 

過剰介入するダメ親に巡り合ってしまった「機会を破壊された」子ども達は、我慢を覚えることも、苦難を乗り越える力も十分につかないのです。全部、親が介入して、子どもが育つ前に親が子どもの成長機会を叩き壊していくからです。

 

 

※「見守り」は「放任」とはまったく違います。適切な見守りができている親というのは「介入したい気持ちをグッと堪える」ことができる親です。

 

 

 

『管理は教育の自殺行為である』

 

 

にゃんにゃんにゃん「そういうおかしい人しか、お金持ちになれないんだよ、この国は」

 

にゃんにゃんにゃん

2月22日です

 

夕暮れ時に退社した職場に珍しく猫がいました。

妻と夕食のお買い物にスーパーへ歩いて出かけたときにも猫がいました。

妻が「にゃんにゃんにゃんの日(2月22日)」と言っていました。

「妻にゃの?」

「夫にゃの?」

「ただのヘンにゃの」と返されました。

異論はありませんでした。

 

ゴロが良い日は何か書かないとムズ痒い

アスぺなワタシ

 

---------------------------------------------

 

閑話休題

 

今日は職場の上役(結構上の立場の人)が

 

「そういうおかしい人しか、お金持ちになれないんだよ、この国は」

 

と、やや嘆き気味に言っていたのが印象的な春の日(余裕で20℃超)。

 

この上役、良い人が多めの私の職場でも「人格者」として知られております。数年前、年齢とは釣り合わない要職に抜擢されたのも、頭脳はもちろん人格ゆえだと私も他の同僚も思っています。

 

で、その彼が上のセリフを社内電話で言ったとき、私は爆笑してしまったわけですが。それは、それまでのやりとりと、この言葉の意味への私なりの同意を表しておりました。

 

私は、分かりやすく言うと富裕層向けの教育を提供するビジネスに関わっており、この上役は、そこの叩き上げです。つまり、ずっと富裕層相手に仕事をしてきた人。その彼がこう言ったのです。

 

「おかしい人しか、お金持ちになれないんだよ、この国は」

 

そうですね。私も同意です。

 

顧客の世帯平均年収は明確には分かりませんが、職業や車などから推測すると、底辺が大手のメーカー社員や公務員、中の下が共働きの公務員世帯や「雇われ」医師あたり。開業医は非常にたくさんいますし、会計士や弁護士もよく見かけます。でも、上は全部「経営者」。そして会社経営者は上にキリがない(私が直で対応してきたのは年商数百億の規模の「オーナー」までですが)。


 

「おかしい人しか、お金持ちになれないんだよ、この国は」

 

ですが

 

純資産数億程度の小金は、真っ当に働き、誤魔化さずに納税しても形成できる金額です。でも、それ以上の資産になってくると、やはりどこかしら何かヤラかしていないと、なかなか難しいのでは?

 

 

経営していて「最終的に儲かる(純益がでる)」ということは、顧客からピンハネして&社員に全還元していないということ(当然ですが)。

 

つまり、根っからのお人よしでは、商売で儲けることは難しいです(当然ですが)。

 

 

例えば「キレイゴトで誤魔化すのが上手な偽善者悪徳経営者」とかも、世の中には多いですよね。コレは、インフルエンザなインフルエンサーに限ったことではないですね。綺麗事でイナゴを集客して、洗脳、騙して儲ける手法は儲けの王道

 

 

 

「おかしい人」

 

なんですけど

 

これは色んな意味があると思います。私は上役にあえて尋ねませんでしたけど、もちろん色んな種類の「おかしさ」があるわけです。

 

上役が含んでいたのは

「人の気持ちなんて気にしない人」

という意味合いが強かったのではないかと、前後のやりとりから私は推測しています。

 

 

他人の気持ちをコントロールする「術や技」は金儲けにおいて重要ですが、本当の意味で人に寄り添い共感できる「心」は金儲けにおいては邪魔になると思います。

これは、性根のオカシイ証券会社の営業マンは、平気で老人や主婦を騙してクソ金融商品売りつけることができるのと同じ。そういえば、某有名野党の有名な幹部は、政治家になる前は大〇証券の全国トップセールスでしたね(苦笑)。「異常に」成功している営業マンは、どこかが非常に「おかしい人」だと私は思っています。

 

※ほどほどに売り上げられる人や、経営者としてほどほどの成功程度なら、共感とか寄り添いができる人でも、まぁ可能だと思いますが。突き抜けた成功は「おかしい人」でないと難しいと思います。

 

※うちの祖父(一応、半世紀以上続いている企業の創業者)は、税金まったく誤魔化さない経営で、利益は可能な限り社員に還元する経営者でしたが、平気でヤ〇ザの事務所に乗り込むような「おかしな人」でした。スイッチが入った時の正義感も異常でしたし、こだわりも異常でした。実際、80歳過ぎて警察のお世話になったこともありましたね…苦笑

 

 

で、その上役の話に戻りますが、年収は1000万程で、今後も1500万くらいまでは上がるでしょう。職場だけでなく、広く社会で尊敬を集める人だと思います。でも、お金持ちにはなれないと思います。

 

だって「イイ人」だから。

 

 

そんなご本人(上役)が、今まで接してきた富裕層の姿だけでなく、ご自身の性格と生き方も合わせて、出てきた言葉が

 

「おかしい人しか、お金持ちになれないんだよ、この国は」

 

なんじゃないかなと、私は勝手に推測して、爆笑しました。

 

 

にゃんにゃんにゃん

 

 私は2002年に読んだ、この「非常識な成功法」

懐かしいです  ^_^  ^_^

非常識な成功法則【新装版】

非常識な成功法則【新装版】

 

 

<補足>

妻の上記文章理解は

「お金持ちは、なんか変」というか「凄い人は突き抜けてる」、「変だから突き抜けているんだよ」とのこと。そういえば、妻の勤務先の名誉会長も有名ですが変人ですね(笑)

 

にゃんにゃんにゃん

2月22日に記

 

※付記

そういえば、先日社内の顧客評価アンケート結果が開示されました。今年度も不肖ワタクシ、最高ランクの評価いただきました。お客様、私のガチンコを理解していただき、ありがとうございます!! にゃんにゃんにゃん ^_^