「みのたけ」の 教育・投資・生活etc

できるなら皆が幸せな社会が良いけど、実際むずかしいよね …(苦笑)

幸せに生きる「身の丈」の素晴らしい暮らし方 

 

 

幸せを感じるにはコツがあります

普段から身の丈に合った生活をすることは当たり前

 

 

大事なのは

身の丈より少し下の水準で暮らすこと」

 

 

例えば

年収300万:平均交際費が月3万なら→2万で日々を楽しむ

年収500万:平均的家賃が月7万なら→5万の家賃で暮らす

純資産が1億になっても→資産1000万しかなかったころと同じような生活を続ける

 

 

このように

意識して自分の身の丈よりやや下の水準で普段の生活を送る。

 

 

すると、ちょっとした贅沢で「幸せを感じる」ことができます。

 

 

毎日贅沢している人は、その贅沢が当たり前になってしまい、そこに「幸せ」を感じることができなくなってしまいます

 

 

なぜなら

良くも悪くも人は慣れてしまう生き物だから。

 

 

逆に、控えめな暮らしをしている人がちょっとした贅沢を味わう機会があると、とても幸せを感じることができます。

 

 

人は「差違」に敏感なので

その差違を逆の視点から利用しようということ。

 

 

意識して身の丈よりやや下の暮らしで生活を送って、

ちょいな贅沢で「幸せ幸せ」と感じて生きていきましょう

 

 

「幸せを感じる仕組み化」

↑自分の暮らしに組み込んでいくとよいですね

 

 

すると

あら不思議

 

いつの間にか

カンタン&幸せに「資産1億円達成」しちゃいますよ  ^_^

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

【2020年7月1日追記以下】

負け組と言われる人達は「自分から負け組になることを選んでいる」

勝ち組と言われる人達には、確かに「運の部分もある」

しかし、勝ちの立場の「持続」は「勇気と挑戦、努力と根性、忍耐と我慢、知恵と工夫」で積みあげてきたナニかがあるからできる

そこには他責もクレクレもない

と、誰かが言っていたとか言っていないとか…

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ありがとうございます。

 

f:id:apapoyo:20191001023007j:plain

幸せ感謝ありがとうございます ^_^

 

清貧の思想 (文春文庫)

清貧の思想 (文春文庫)

 

 

 

2021年2月下旬~3月頭の自分のツイまとめ

 

Twitterって、世界中の面白い情報に溢れているのに、どうして株クラ投資クラの人達って、目先の重要でもないお金の情報ばっかり追いかけているのだろう…苦笑

 

 

だから基本的には黙々とVT買い続ければ良いと吾輩は思うのである
(まっくろな「ねこ」さんへのリツイート

 

 

「人にどう思われるか」なんて気にしていたら何もできない。

そういうことを考えるのは「それなりに成功して失うモノ」を持ってから。

何も持ってない人間が他人の目を気にするなんて…そりゃいつまでたっても…

 

 

「地獄行ってからがスタートだから」と、某有名人が言っていた。事実だと思う。そこで、沈んで終わるか、「クソ!」と思って這い上がっていけるか。

 

※付記

「思い込んじゃうと楽しくなくなるでしょ」とも言っていた。

 

 

日本て、本当に平和で、平和ボケだよな…
と、昔、準紛争地を旅した記憶をたどる…

平和ボケの日本国もしくは先進国しか知らない「お花畑なこと言ってるウマシカ」は、全員ナイジェリアでもソマリアでもイエメンにでも送り込めばいいと思う

www.vi-mtalentassist.com

 

 

「有能だけど弾圧されてる人」がいないと社会はひっくり返らない。何も積み上げて無い人は何もできない

なるほど&たしかに

 

 

親から十分な愛情を与えてもらえなかった人は、時に「強く生きられる」反面いつまでも「何かへの渇望」を抱えている場合がある気がするとかしないとか…

 

大事なことなので、去年の今ごろと同じことを繰り返して主張しますが

新型コロナウイルス対策より花粉対策しろ!!」

 

 

ハンドパレットも楽しいが、油圧式のテーブルリフトも楽しい。リフトで骨までイク怪我したのは私の自業自得…

そういえば、工場の据え付け自動リフトをブランコ代わりにして遊んでいたなぁ(地上10メートル・もちろん安全帯なんて無。人間用じゃないから、そもそもナイ)

 

 

死にたいなら死ねばいいでしょう

そんなことを話題にするなんてウマシカなの?

はやく「選択死」を選択肢として制度化すべき

apapoyo.hatenablog.jp

 

 

リスクは「現金比率」で調整します。

=「有リスク資産:無リスク資産」をどうするかというアセットアロケーションだけ考えておけばいい。

※最適解は、おそらく「全力買い続け」だと思うけれど… 私はそこまでメンタル強くないから

 

 

一応プロとして言うと最も重要なのは5科だと国語だと思う

国語が十分でない児童生徒は算数数学で苦労することが非常に多い、特に自学自習ができないので致命的

もちろん特殊能力的に圧倒的な数学の才能がある変人天才は別枠

 

もう少し踏み込んでいくと、最も重要なのは「意欲」です。親は、子どもが「意欲的に」学びに向かうような「環境づくり」もしくは「出会い」を与えることに注力するとよいかな、と思います。強制は、時と場合によって必要なこともありますが、見極めは非常に難しいですね。

 

 

でもさ、いくら資産分散しても

小金程度じゃ、母国捨てて他国で永住とかは安易にできないわけで…

結局、ウマシカ達の愚行のケ〇拭きのために、増税や資産課税で…

やってらんない

と、そこらへんの木っ端富裕層が言っていたとか言っていないとか…

 

 

知らない方が幸福なんだよ

死なない方が幸福であるとは言えないだろうが

www.aeaweb.org

 

 

紙幣の価値と国の将来が信じられないからと、若い頃からコツコツと資産分散をしてきた自分を今も褒めてあげたい

 

 

工場労働者って、そのメーカーの社員か派遣労働者かで、同じような仕事してても全く待遇が違うから、おかしかったりしますよね

健全な改革
ロボット以下はいらない

 

 

ハイテクグロース輩が元気だった株クラが、最近はオールドバリュー輩が元気になってきた株クラ

見物がおもしろい(笑)

 

VT系の人にとってツイ株クラのブームは、常に物見雄山の対象でしかない…(笑)

 

 

ウチの妻が「リモートワーク解除やだよぉ」

緊急事態宣言そのままでいいよぉ

明るい引き籠りのままNHKの「ひきこもりラジオ」に出るよぉ

通勤したくないよぉ

と言っております

おやすみなさい

 

 

霞が関の官僚サン達もだけど

安月給で頑張って働いてくれていると思う

※私が高給取りという意味ではなく、選ばれし者たちがそれなりに働き続けてこの程度の給料で我慢してくれていることに国民は感謝すべきだと思う。

 

 

株式は、とりあえず買い続けることも大事です、これは試験にでません。

 

 

キレイゴト言わない、利己主義を公言する人の方が私は信用できる気がするのですが…

好き嫌いの問題?

キレイゴト言ってイナゴ集めるのが上手な人が人間社会には一杯いますが、本当にそのキレイゴトは「本音&事実」なのかねぇ…

螽さんたちには見えない、だから螽…

 

 

ちょっと真面目な話

『管理は教育の自殺行為である』

介入する親ほどダメな親

 

 

給付金いらないからオリンピック開催してほしい

 

 

妻から「妖怪子供じじい」と言われた

おやすみなさい

 

 

Guli Nazha

全盛期の佐々木希嬢を思い出しますね…

sg.style.yahoo.com

 

 

今日(2月24日)もサゲサゲで楽しいですね

ちょうど1年程前に始まった新コロ暴落の記録を読み直して、自分の記憶をたどっております。

ブログに書いた通り、淡々と買い続けた1年で、新コロ暴落は良かったですね ^_^

apapoyo.hatenablog.jp

 

 

#二階幹事長はGoToより給付金を出して

2Fさん、好きデハアリマセンが、給付金はイリマセンので、はやくGoToを再開してください

f:id:apapoyo:20210302205344j:plain

yes we can

 

 

引きこもりの数=その国の豊かさ(苦笑)

 

 

(泣)

コロナより悲惨な花粉の飛散

号泣号泣号泣号泣号泣

 

 

「いつまでも、あるとおもうな流動性

と、誰かが言っていたけど、箴言ですね

 

 

「そういうおかしい人しか、お金持ちになれないんだよ、この国は」

と、かなり人格者な上役(業界歴と富裕層相手の商売長め)がやや嘆いていた今日

補足と私見はブログで書こうかと検討中

※職場は富裕層向けの教育提供

apapoyo.hatenablog.jp

 

 

Twitterのおかげで、若い頃に旅した準紛争地帯を思い出し、母国日本の新コロ花粉でも平和な春の朝に感謝と幸福を感じる。おはようございます。

 

 

母語大事

これからは一層大事

 

 

そもそも若者は被害者だからね世界中で老人のための新コロ政策祭

 

 

世間に背くものは世間と戦い続けなければならない

 

 

そうだ、CATS観に行こうと思っていたんだ!

3月、観る!!!

 

 

子供のイジメなんてなくなるわけがナイ

大人だってイジメ大好きなんだから…

それより色んな意味における「選択肢」を複数提供できる「環境づくり・社会づくり・価値観づくり」が大事だと思う

 

 

株クラ覗いたら、相変わらず仲間内でnoteやブログの紹介ごっこ

相変わらずイカサマ師が一杯ですね(苦笑

 

 

欲ばりな人
お金のない人
稼ぐ力のない人
そういう輩が「儲けてやる!」と意気込んで損をするのが投機

資金があり
入金力もあり
欲はほどほど
そういう人が積み重ねていけるのが投資

 

 

せっかく新コロ暴落体験できた御新規さん

それでも未だに「市場の動向で投資を変えよう」って…

何も学べなかったんですかね…

「買っておけばよかった、売っておけばよかった」なんて

そんな後から言うことは意味ないのよ

長期運用計画持ってないの?

 

 

「リスクをとる能力」と「リスクをとる意欲」を混同している人がいますよねぇ…苦笑

 

 

投資が本業でもない人間が、本業投機家のマネする必要はない

というか、おそらく有害

 

 

ジブチ音楽

かっこよすぎ

0:45~ノリノリ開始

これは聴いてみてほしい

www.youtube.com

 

 

 

客を選ぶ教育

 

もう金銭的には趣味で働いて良い状態だと言えるので、そろそろ「完全に客を選ぶ」教育を実践しようかなぁ、と強く感じているここ10日間ほど…苦笑

 

公立学校で働いたとき「これは教員にとっても保護者にとっても悲惨だな」と思いました。なぜなら、公立教員は児童生徒や保護者をもちろん選べませんが、大半の公立小中に通学している子どもとその保護者も、私学入学はもちろん、他の学校へ転校できるほどの余裕はない人達、つまり「教師も保護者もお互いに相手を選べない、逃げ場のない地獄」だから。

 

私立学校で働いたとき「入学選抜は厳格に行って、選抜時の面談や入学の最終確認で絶対に学校側が有利なような条項を入れて入学許可を出すべき」と思いました。いくら私立で、公立とは違って学校側に停学退学という選択肢があると言っても、基本的に停学も退学はもちろん、停学ですら簡単に使えるような選択肢ではない。特に「親への指導は入学してからでは遅い」から。

 

大手の塾で働いたとき「これはシビアだな。とにかく数字(会員数・売上・利益etc)を追いかけないといけない。教育と商売のバランスのとり方(自分の教育心をいかにビジネスと折り合いつけるか)が大事だな」と思いました。なぜなら「数字が人格」の世界で教育を志すというのは非常に難しいけれど、志とやり方によっては不可能ではないから。

民間の学童で働いたとき「なんだこれ。勉強を見ているのか、おやつの世話係をしているのか、子どもらの遊び相手をしているのか、運転手をしているのか、何やってるのか分からない仕事だな」と思いました。なぜなら、学校附属の学童ではなく民間の学童は、その地域の実情や競合と争うために「なんでも屋」になっていることがあるから。

 

海外の語学学校や公立学校で学んだり現場体験的な見学をする機会があったとき「なんだこれ、教員にとっては天国だな」と思いました。なぜなら、横柄な客がいたら「あんたなんかいらん。客も店も平等同格だ!文句があるなら去れ!」と言うし、学校教員の待遇も日本とは雲泥の差だったから。特に、日本の悪しき「なんでも学校と先生の責任。お客(子ども・保護者)は神様」という頭のオカシイ世間の考え方はありませんでした。基本的に「子どもの教育は家庭の責任」。当たり前です。

 

ということで、ここ10日ほど、そろそろ雇われ辞めて「自由な教育人=お客を選ぶ教育提供者」になろうかな、と考えています…苦笑

 

あ~あほらし

 

 

 

 

2021年2月27日 土曜日の記憶を記録(カレーと弁当と天むすと駐車場と山とコーヒーと河川敷と寺院と昭和そして…中)

 

本日は良き日でした。天気も良く、妻の言葉を借りると「意図せずイイことに出会えると嬉しいね」という色々と良き日でした。

 

先日初めて味わった本格派ピッピーなカレーをもう一度、と。そのカレー屋に向かいましたが、満車満車でしたので、近くの行列弁当屋へ。お初な店でやや戸惑いました。だて、店先にならんでいる色褪せまくった各種メニューは全然取り扱いがなく、並んでいるパックだけの扱い(笑)。そこでビックなモノを夫婦で1つだけ注文。行きつけの駐車場(笑)で、妻と2人で1つの弁当を分け合う。

 

腹が膨れたので、珈琲。近くの評判のパン屋の評判のコーヒーを飲もうかと思ったけれど、妻がググった店へ行くことに。行った先は、これ本当に珈琲屋かな、雑貨屋じゃないの、駄菓子屋?という雰囲気の店。しかし、ブルマンだけでなくゲイシャも格安で扱っていて、しかもちゃんと旨い。温かいうちはブルマンの方が好きだけれど、冷めたらゲイシャのが好き。ドリームドリーム。

 

河川敷を車で走ろうかと思ったけれど、そのまま神山へ。ずっと気になっていたそこは、想像以上に立派でした。何より、周辺の昭和感がステキでしたなぁ。和菓子も上手いし、パンも旨し。カフェのDJさんはカッコ良さげで性格も良さげ。満足満足の昭和地域初訪問。

 

そんな良き午後を過ごして夕暮れ時に帰宅。そこから、妻は夫になり、夫は妻になり、バーチャルリアリティを実践、しっかり中も体験。からの、久々の白菜ミルフィーユ豚バラ酒蒸しを作って、満腹満腹。そして、今に至るという、そんな満車満足満腹な1日でした。

 

今日も一日きみを見てた (角川文庫)

今日も一日きみを見てた (角川文庫)

 

 

子育て 教育 信念の土台と忍耐 そして宗教と洗脳

 

【子育て、教育】


人を育てる、教育する。そのために「問いかけて、傾聴して、承認する」という方法(やり方)がある。しかし、大事なことは方法以前、はたらきかけをする側の「あり方」であり「信念」。


「愛情・信頼・尊敬」を土台とし、「人はそれぞれ・人は育とうとする生き物だ・人は自分の中に答えを持っている」という信念を持って、相手にはたらきかけ(問いかけて、傾聴して、承認する)をしていくことが最も重要。


教師や親が児童・生徒や子に対して、「愛情・信頼・尊敬」を土台に「人はそれぞれ・人は育とうとする生き物だ・人は自分の中に答えを持っている」という信念を持っているかいないか。それが、その児童・生徒、子を自立へ向かって育むことができるかの分かれ目だ。


ずいぶん前に学ばせてもらった上記の考え方、想い。これは、その後の現場経験を経ても、変わることはない。


愛情はあっても、子を信頼・尊重できていない親は多い。それは「人はそれぞれ・人は育とうとする生き物だ・人は自分の中に答えを持っている」という信念(概念)がその親にないからではないだろうか。子どもを信じて、尊重し、見守ること。それがとても大事なときは多い。「見守る」という行為には「忍耐」を要する。しかし、子を信じて、子の「自ら育とうとする姿」を見守ってほしい。


教師と児童・生徒の関係も同じ。忍、にん。

でも1番忍耐が必要になるのは対保護者(お金払っている人) >_<

 

※私は、20歳以下の生徒や児童に対しては上記スタンスですが、ハタチ超えてもダメな人(保護者)をどうこうしようとはしないよう心がけています(でも、ついやってしまうけど…)。なぜなら、若ければ若いほど人は成長・変化しやすく、歳を重ねれば重ねるほど柔軟性を失っていき依怙地で扱いづらくなるから。できれば無駄な努力は避け、より効果的なところ(若者)に注力したい(苦笑


※※大人は、一般的な「教育」程度で変えることは難しいです。大人を変えようとするなら、一度「脳味噌洗って(洗浄して)から」→「洗脳」しなおすことが必要。つまり、大人を根本から「変容」させるには力のある「宗教」などを使う必要があると言えるかもしれません。宗教は、好きな領域ですが、専門ではないのでよく分かりませんが…

 

この『日本仏教史 -思想史としてのアプローチ』は、とても好きな宗教本で、何度か読み返しています。