「みのたけ」の 教育・投資・生活etc

みのたけ中年の趣味用雑記メモ(非収益化ブログ)。倹約と投資で労働から卒業した隠居生活者。投資歴は20年ほど。

幸せに生きる「身の丈」の素晴らしい暮らし方 

 

 

幸せを感じるにはコツがあります

普段から身の丈に合った生活をすることは当たり前

 

 

大事なのは

身の丈より少し下の水準で暮らすこと」

 

 

例えば

年収300万:平均交際費が月3万なら→2万で日々を楽しむ

年収500万:平均的家賃が月8万なら→5万の家賃で暮らす

世帯年収1400万:平均的支出が月50万なら→30万で生きる

純資産が1億になっても→資産が1000万しかなかったころと同じような生活を続ける

 

 

このように

意識して自分の身の丈よりやや下の水準で普段の生活を送る。

 

 

すると、ちょっとした贅沢で「幸せを感じる」ことができます。

 

 

毎日贅沢している人は、その贅沢が「当たり前」になってしまい、そこに「幸せ」を感じることができなくなってしまいます

 

 

なぜなら

良くも悪くも人は慣れてしまう生き物だから。

 

 

逆に、普段は「控えめな暮らし(身の丈以下の生活)」をしておくと、ちょっとした贅沢を味わう機会があると、とても幸せを感じることができます。

 

 

人は「差違」に敏感なので

その差違を逆の視点から利用しようということ。

 

 

意識して身の丈よりやや下の暮らしで生活を送って、

ちょいな贅沢で「幸せ幸せ」と感じて生きていきましょう

 

 

「幸せを感じる仕組み化」

↑自分の暮らしに組み込んでいくとよいですね

 

 

すると

あら不思議

 

いつの間にか

カンタン&幸せに「資産1億円達成」しちゃいますよ  ^_^

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

【2020年7月1日追記以下】

負け組と言われる人達は「自分から負け組になることを選んでいる」

勝ち組と言われる人達には、確かに「運の部分もある」

しかし、勝ちの立場の「持続」は「勇気と挑戦、努力と根性、忍耐と我慢、知恵と工夫」で積みあげてきたナニかがあるからできる

そこには他責もクレクレもない

と、誰かが言っていたとか言っていないとか…

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

みのたけ」で楽しみ幸せ感じながら「いまをいきる」 ^_^

 

ありがとうございます。

 

f:id:apapoyo:20191001023007j:plain

幸せ感謝ありがとうございます ^_^

 

清貧の思想 (文春文庫)

清貧の思想 (文春文庫)

 

 

 

隠居の種類? FIRE5種、6種類?

 

SNSやWEBニュースなどで、未だに「FIRE」という言葉が踊っている。米国からの輸入で日本に登場し、脚光を浴びてからかれこれ3〜5年ほど経過している気がするので、なかなか息の長い「流行り言葉」になるのかもしれない。

 

パンナコッタやクイニーアマンではなく、ティラミスもしくはナタデココか? マリトッツォは好きなんだけど(笑

 

思い返すと、FIREの前は「ノマド(ワーカー)」が流行り言葉だったが、あれはすぐに消えていった。前者(パンナかクイニー)だったわけだ。

 

ノマドの前は何が流行っていたのだろう? パッとは思い出せない。私の記憶にあるのは、学生ベンチャーや起業ブーム、20年以上前のドリームゲートのボブ・サップくらい(分かる人には分かるだろう)。

 

あ、「まだ東京で消◯しているの?」などのブロガーブームや、せどりとかボロ戸建て大家(サラリーマン大家)などもブームだったのかな?

 

うーん。せどりは影響力が小さすぎるか。ブロガーブームは確実にあったような気がする。ボロ戸建てに限らず、サラリーマン大家は水面下でそれなりに流行っていたのかもしれない。ス◯ガ問題とか懐かしいですね。

 

そういえばDIYも流行ったけど、この言葉は定着した気がするのでティラミス級、少なくともナタデココかな。

 

ーーーーー

 

閑話休題

 

 

FIREというのは、Financial Independence, Retire Earlyのハズなので、単なる「金満退職(余裕のある隠居)」だと思うのだが。

 

ジャパ民はカタカナ英語を意味不明に変化させていくのでタチが悪い。なんでも最近はFIREにも5種類があるらしい(笑) ファット、リーン、サイド、バリスタ、コースト…

 

※参考記事、以下(日本語)

https://adviser-navi.co.jp/watashi-ifa/column/4720/

 

と、思ったら英語(本家?)でも数種類あるようで。日本語で勝手に付け足しているのではなく、英語からパクってきているだけですのね。↓

 

https://moneyunshackled.com/2021/04/want-to-retire-early-pick-your-fire-strategy-fat-lean-coast-barista/

 

https://thepoorswiss.com/what-kind-of-fire-are-you/

 

「Side FIRE」という言葉は見当たらない。

※side hustleからきているのかな?

 

ところで、本業を辞めて副業で食いつないでいくのなら、それ(副業)が本業になったということなのでFIREではないよね。

 

「サイドFIRE・バリスタFIRE」というのは、「自営業・フリーター」になりましたよ、というだけでは?と私は以前から疑問なのですけど…

 

ファット

レギュラー

リーン

サイド

バリスタ

コースト

そして

ファスト(fast or fart)←これはカテゴリじゃない

 

で、結局のところ。上の3つ(Fat、Regular、Lean)は「隠居(Retire)」だけど、下3つ(Side、Barista、Coast)はRetireしてないからFIREじゃないよね(苦笑

 

サイド&バリスタは、単に「フルタイムの勤め先を退職しました。自営業になります。フリーターになります」というだけ。コースト某にいたっては、FIREでもなんでもない、単なる過程。流行っている言葉「FIREって言いたい」だけ。

 

ーーー

 

 

個人的には、上記スイスのブロガーさん。記事にもあるけど、スイスではなく安い国(東欧でもポルトでも、マグリブあたりでも、東南アジアでも日本でも)で隠居生活なら余裕でしょうに。でも、母国が居心地いいですものね。分かります。

 

 

あと、日本版(?)SideFIREのカテゴリに「もう十分な資産があるけれど、暇つぶし趣味として副業やアルバイト的な仕事をしています」という人がいる。

 

資産が十分にあり、働くことが生活のためでないなら、それはSideFIREのカテゴリより通常のFIREにおける趣味の1つなのでしょう。

 

私もこの2年半の期間で時々「暇だからバイトかボランティア活動でもしようかな」と思ったことがあるけれど、諸手続きの必要性と時間拘束されることが面倒なので1度もやっていない(苦笑)

 

 

ということで、言いたいことを書いたので中年隠居人は今から10日ぶりにジムに行ってきます! おいしいタピオカミルクティーが飲みたいです。

 

※翌日、久々にパンナコッタを食べたら非常に美味しかった。「栗原さんちのミルクたっぷりパンナコッタ」。

 

 

 

 

2週間ぶりに午前から、そして午後の二輪

 

今日は久々に健康的な早寝早起きができた。

 

昨夜(今日の朝)は午前2時までに就寝。床に入るだけでなく、珍しく早い時刻から眠りに入れた。

 

そして、本日は午前7時半頃に目がさめた。流石にそのまま起きると、また昼頃に眠くなることが目に見えたので、床の中で10時頃までゴロゴロ。満を持して午前10時過ぎには起床。

 

青空に強風だが、やはり朝日(午前の陽の光)はとても気持ちいい。今週は田舎に来ているので新緑も美しい。

 

味噌汁と五穀米の朝食を食べ、燕が舞うのを眺めながら朝(昼前)の散歩へ。

 

快晴の空の下、新緑や初夏の花を眺めながら歩く。川の流れを覗きに行ったり、坂を登って見知らぬ土地を歩いたり。

 

鳥の囀り、ピピピ、ピピピやホーホケキョ。青い空に高く鳶が飛んでいるのも見ることができた。

 

良き午前。

 

ーーーーーーー

 

午後、バイクに跨り宛のない小冒険の旅へ。

 

私が好むのは幹線道路を避けて入る旧道、小道、砂利道、集落内の道。

 

今日は林の中を抜け、様々な匂い臭いを鼻に感じつつ、集落家々を観察し、川の横を走り、線路を横切り、団地を巡り、懐かしい道を駆け、もとの場所に戻ってきた。

 

快晴の空、新緑と二輪の自由さ。

 

非常に良き午後でした。

 

 

朝起きて、昼寝をしたら

 

 

今日は久々に朝8時台に起床。朝食を作り食べた。昨夜、午前2時頃という「早寝」をしたので早起きできたのだろう。ここしばらく、毎晩午前4〜7時くらいに床へ入っていたので、午前2時に就寝はとても健康的な生活への第一歩。

 

と、思っていたら。朝食後しばらくすると眠気がきた。午前11時を過ぎると眠くて眠くて。誘惑に駆られ布団の中へ。気持ちの良い瞬間。気がつくと午後3時を過ぎていた。外へ出ると予想以上に良い天気。夏も近いですかね。

 

自分は隠居人であるため「仕事で朝から起きねばならぬ」という制約がない。生来の夜型人間らしく、気を抜くと深夜どころか早朝まで起き続け、それから寝て起きるのは昼頃という生活リズムになってしまう。

 

隠居人とはいえど朝日の気持ちよさは知っているので、本来は午前3時頃には就寝、午前中に起きる生活を心がけたい。できれば、午前2時までには床に入って、午前11時までには起床したい。夏になれば朝日も強く午前中でも暑くなってくるので、太陽の力を借りて早寝早起き(一般的な生活)を実践したい。

 

 

「当たり前」の違い

 

持って生まれた「気質」と生まれ育った「環境」によって、人それぞれ「当たり前」に大きな差がある

 

これは、思っている以上に大きい。すべての判断(行動)の土台となる「感覚」の差なので、同じ事柄であっても、「当たり前」が異なると人によって大きく判断(行動)が変わってくる

 

先の新コロ大社会実験でも証明されたし、私自身が中年まで生きてきて、リアル周りの友人知人の生き様や在り方、人生における判断を観察してやっと実感として分かってきた。

 

各個人個人で、あまりにも「当たり前」に差がある。だから相互理解が難しいだけでなく、そもそも言っていることやっていることが本当の意味では理解できていないことが大半。

 

私の場合は、「当たり前」が長期視野、長期思考で、何をやるにしても良くも悪くも先まで想像してしまってから眼の前の行動や判断に落とし込むということが多い。

 

全く逆に、先のことなんて一切考えず、目先のことにひたすら真っすぐ体当たりでぶつかっていくタイプの人もいる。

 

私は、子どもの頃からお金様が大好きだけれど、金なんてどうでもいいから兎に角やりたいことをやりたい、という思考の人もいる。

 

自分の子どもをつくるということに関しても、私は「子どもをつくっても、私だけでなく、その子も100年足らずで消滅する。だから、己の欲によって命をつくって生を背負わせるなんて…」と10代の頃から感じてきた。

 

しかし、世の中の人間には「子どもかわいい!」「子どもほしい!」「自分の子がほしい!」という単なる物欲所有欲や、性欲のまま「ヤッてたらデキた」という獣としての行動によって子どもをつくっている人が驚くほど多い。

 

「当たり前の違い」というのは、道徳観や宗教観など社会教育(生育環境)によっての「洗脳色」の違いである部分もあるけれど、もっと根本的な「持って生まれた感覚の違い(おそらく遺伝子レベルでの感覚の違い)」であることも多い

 

※前者は後天的・環境、後者は先天的・気質

 

洗脳色(環境)の違いであれば、情報(教育)によって再洗脳すれば同じような「当たり前」を揃えることは可能だけれど、「持って生まれた感覚(気質)の違いによる当たり前の違い」は隔たりを埋めることが難しい

 

これは、飛び抜けて営業成績が良い人間の手法や考え方を、その他の一般的な営業マンにインストール(教育)しようとしても成果が出ないことが多いことからも分かる。

 

大手企業で10年ほど全社営業トップ10に入り続けている友人がいるが、事業部長として部下に同じことをさせても右腕になれる程度に育つ社員は10人に1人もいないらしい。

 

プライベートを四半世紀も知っている私から見ると、彼の心身の強さは普通ではなく、学生時代から中年の今になっても常に動き回っているし、仕事と私事の間に境がないことは「当たり前」である(休日も営業先を訪問している)。

 

心身を酷使するということも、プライベートなく働くということも、彼にとっては無理しているのではなく「当たり前(自然体=生来の気質)」なのだが、私から見ると「異常」だと思う

 

これは生まれ持った「当たり前の違い(気質の違い)」なので、その【「当たり前の違い」から生まれる判断の違い、行動の差】を教育や環境で埋めることは非常に難しい

 

世の中(人間社会)は、個体間でこのような「生まれ持った当たり前の感覚の違い(遺伝的気質の違い)」があるので、同じように見える人間群が同じような時代、同じような環境に置かれても、個人個人で判断や行動に差が生まれ、結果として生き方(人生)にも非常に大きな違いが生じるのだなぁ、と中年になって実感するようになりました。

 

そして、この「感覚差」は説明してもたいてい理解し合えることはない。そして、その結果として生じている判断や行動をマネすることも容易でない

 

だから、大抵のフォロアー(イナゴ気質)は子供の頃から大人になっても従属的な生き方を「自ら選び」続けている。一方で、良くも悪くもイノベーターの大半は子供の頃からイノベーター。

 

それは、各自が持って生まれた人生の選択や行動の判断基準となる「当たり前」・行動の土台となる「当たり前」=「世界の見え方、感じ方」が根本的に違うから。

 

良い天気と珈琲豆と車で出かけようか

 

 

数日はっきりしない天気が続いたけれど、今日は良い天気で気分がいい。この時期は秋のように空気が澄んでいて気持ちが良い。

 

しばらくコーヒー豆を挽いていなかったことに気づき飲んでみると微妙。フライパンで炒ってみたけれど、やはり劣化した豆は復活しない。部屋とトイレの消臭剤へ。

 

昨日は、やや空気が冷たかったけれど、初夏の日差しにキリッとした空気もそれはそれで気持ち良い。なぜか、昨日のジムには若い人が多くて、それもまた良かった。

 

スギ・ヒノキ花粉も終わり5月は外出が気持ち良い。今日も天気が良く、GWのような群衆移動による人混みや渋滞もないだろうから、車で少々遠出をしようと思う。のんびり楽しもう。

 

※追記。田舎のリゾート風な温泉にやってきたら、予想より若者宿泊者が多い。金曜夜だからかな。若者が健全に元気なのは良いことです。

 

4月18回とGW

 

 

昨日、いつも通り昼過ぎにジムへ。入浴からのストレッチ、そして3種類ほど運動。

 

入店時からあった違和感。いつも見かけないメンバー(客)がチラホラと目についた。なぜだろうと考えてみたら、世間はGW。

 

通常の「平日午後(昼から夕方)」であれば、ジムで風呂に入って軽く運動している定年組や、本気系の筋肉マンは大半が固定メンバー。

 

しかし、昨日はGW中の平日であったためか、仕事休みを利用して平日の昼間にジムに来ていた夜組の人達が多くいたようだった。

 

そんなことで、隠居中年である私にGWは関係ないのだけれど、4月は18回(18日)ジムに通い適度な運動ができたので個人的に良し。