「みのたけ」の 教育・投資・生活etc

できるなら皆が幸せな社会が良いけど、実際むずかしいよね …(苦笑)

幸せに生きる「身の丈」の素晴らしい暮らし方 

 

 

幸せを感じるにはコツがあります

普段から身の丈に合った生活をすることは当たり前

 

 

大事なのは

身の丈より少し下の水準で暮らすこと」

 

 

例えば

年収300万:平均交際費が月3万なら→2万で日々を楽しむ

年収500万:平均的家賃が月7万なら→5万の家賃で暮らす

純資産が1億になっても→資産1000万しかなかったころと同じような生活を続ける

 

 

このように

意識して自分の身の丈よりやや下の水準で普段の生活を送る。

 

 

すると、ちょっとした贅沢で「幸せを感じる」ことができます。

 

 

毎日贅沢している人は、その贅沢が当たり前になってしまい、そこに「幸せ」を感じることができなくなってしまいます

 

 

なぜなら

良くも悪くも人は慣れてしまう生き物だから。

 

 

逆に、控えめな暮らしをしている人がちょっとした贅沢を味わう機会があると、とても幸せを感じることができます。

 

 

人は「差違」に敏感なので

その差違を逆の視点から利用しようということ。

 

 

意識して身の丈よりやや下の暮らしで生活を送って、

ちょいな贅沢で「幸せ幸せ」と感じて生きていきましょう

 

 

「幸せを感じる仕組み化」

↑自分の暮らしに組み込んでいくとよいですね

 

 

すると

あら不思議

 

いつの間にか

カンタン&幸せに「資産1億円達成」しちゃいますよ  ^_^

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

【2020年7月1日追記以下】

負け組と言われる人達は「自分から負け組になることを選んでいる」

勝ち組と言われる人達には、確かに「運の部分もある」

しかし、勝ちの立場の「持続」は「勇気と挑戦、努力と根性、忍耐と我慢、知恵と工夫」で積みあげてきたナニかがあるからできる

そこには他責もクレクレもない

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ありがとうございます。

 

f:id:apapoyo:20191001023007j:plain

幸せ感謝ありがとうございます ^_^

 

清貧の思想 (文春文庫)

清貧の思想 (文春文庫)

 

 

 

両親と妻「資産を分散する」

 

大事なことは、適切に「資産を分散する」こと。『卵は1つの籠に盛るな』、これだけなんです。有リスク資産(株、地金、土地など)において「価値の増減」は幻で雑音。逆に、無リスク資産(自国通貨現金、内国債)においては「長期ではインフレ負けする」。短期の世界(経済や相場etc)は、誰にも予想できない。誰にも未来は分からない。だから「資産を分散する」。

 

=有リスク資産、無リスク資産、メリット、デメリットがある。そして資産価値が未来にどうなるかは、誰にも分らない。なので、どのような結果になろうとも、リスク回避のため、分散しておくことが大事。

 

-------------------------------------------

 

両親は勤勉で倹約家で幸運だったので、人並み以上の資産を持つに至りました。しかし、頭は良くないのです。私は、色々と説明してしまうタイプですが、どれだけ説明しても、いつも徒労に終わります。あぁ私の頭が悪いので説明しても理解してもらえないのだな…と自己嫌悪に陥ることが何度もあり。

 

しかし、両親に伝えたのと同じことを、私が長々と妻に説明すると、「つまり、〇〇ってこと?」と、核心部分を掴んで要約してくれます。あぁ、私の説明の問題よりも両親の頭の問題だったんだ…と、思ったりするのです。

 

知らんけど…(下に つづく↓↓↓)

 

※分かっていることは、私の両親より、私より、妻の頭が良いということ…(笑)

 

妻は他人 だから夫婦は面白い

妻は他人 だから夫婦は面白い

 

 

両親の頭が良くないんです

だけど父は勤勉で、祖父が偉大だったので

世帯年収は多かったです

そして母が倹約で、かなりの蓄財をしました

でも両親と話すとイライラすることばかり

話を理解してもらえないのです

しかし、妻と出会って、「あぁヨカッタ」と思いました

話を理解して、要約できる人

 

私の説明が悪いんです

だって頭の良くない両親の子ですから

私の頭も悪いんです

でも、妻は私の話の内容を理解してくれます

しかも、単に理解するだけでなく要約してくれます

なおかつ、核心部分を深掘りする質問もしてくれます

もしくは、視点を変えるような問いかけもしてくれます

話が楽しい

 

でも、妻は仕事で忙しいので

あまり時間を共有することはできません

ひたすら働いています

時間があるとアマゾンプライムかアベマTVを見ています

リアリティーショーというジャンルが好きらしいです

私は、そのジャンルには興味がないんです

だから、私は専らお金の話をしています

 

妻がリアリティーショーの話をすると
私は眠くなります

私がお金の話をすると
妻は眠くなります

だから、お互い自分の仕事をしています
たまに話が弾むことがあります

どういうときなのか、思い出せません
基本的に一緒に旅している時かもしれません

 

最近は三連休に第7回目(夫婦では5回目?)のGoToトラベル行ってきました。まずまずの宿を格安で利用しました。GoToだけでなく、なんだか町の割引のようなものもあり、格安でした。異世界、異文化がそこにあり。そこは「昭和バブルの残り香を感じる」ような、平成初期の建物と装飾でした。個人的に、GoToの良さは、今まで行く機会がなかった場所、体験することのなかった世界へ「気楽」に旅することができること。何と言っても、実質半額(笑)。私も妻も旅好きなので、GoToトラベルは本当に良き政策です。実質「無料」だったGoToイートと異なり、宿泊費+宿食代の半額は実質負担してますし、交通費なども支出して、しっかり日本経済に益をなす、社会貢献活動でもあるので気分も良いのです ^_^  ^_^

 

※妻は経済とか株価とか、そういうのはどうでもいいらしいです。大きな企業の、けっこう花形部署にいて、ゴリゴリ「戦略!戦略!」と言われているらしく、お疲れ気味です…

 

「市民的資質」を支えるもの

 

「市民的資質」を支えるものは、社会についての正確な認識。まずは、実態や問題の原因に関する正確な情報が必要。この意味で「社会認識」は「事実認識」であり、豊かで正確な「事実認識」によって「社会的課題」に取り組むための「市民的資質」は支えられる。

 

「社会的課題」の原因には複雑な要因が絡んでいることが多い。この意味では「社会認識」は「総合的認識」であり、多面的・多角的な総合的判断力によって「市民的資質」は支えられる。

 

このようにみると、「社会認識」と分けられた「市民的資質」があるのではなく、社会についてよく分かっていること、社会について深く広く考えることができるということが、「市民的資質」そのものだと考えることもできる。

 

「市民」とは「国家・社会の形成者」であり、さまざまな「社会集団」のあるべき関係性を、自己と「社会集団」の利害を超えて客観的に考察し、判断できる資質を有する者。

 

社会は、国家を含めて、さまざまな「社会集団」によって構成され、私たちはいくつもの「社会集団」に帰属して生きている。「社会集団」は相互の関係性と利害の一致・不一致の中に存在している。

 

「国家・社会の形成者」である私たち「市民」は、国家政策について主体的に考え、判断する力を持たなければならない。「市民的資質」とは、国民主権の下で、自分たちの国家が、どのような方向に進むべきかを、自分たちで主体的に判断していく資質。

 

視点を変えていうと、それは国家や国家の政策を「対象化して考える」ことのできる力。「国家を対象化してみる」ということは、国家を家族・地域社会・学校・企業・法人・任意団体・都道府県・国際社会などの「社会集団」の1つとして、それらとの関係性においてみるということ。

 

市民としての国民を目指していきたいと思います。

な~んて(笑)

 

 

コロナ観と小泉某と狂信者たち…

 

2020年11月24日現在

新型コロナウイルスで約2000人の日本人が亡くなったようです


【日本国の年間死者数】
癌:37万

心疾患:21万

老衰:11万

脳血管疾患:11万

肺炎:10万

不慮の事故:4万

自殺:2万

風呂:1万9千

インフル:1万

転倒:5800

交通事故4600

食物の誤嚥:4400 (餅を喉に詰まらせる:1300


新型コロナウイルス扱い:2000

 

ソース(厚労省

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei18/dl/11_h7.pdf?fbclid=IwAR2I9AcGS59WlIxEJm3JfZn35gLk26xnbUqF3FwNpDSX97yktDwC7cpJfkU

 

新型コロナウイルスって怖いですね。何が怖いって「コロナ脳者」の暴走ぶりが怖い怖い。ホント、狂信者と同じ。日本語も読めないし、グラフも読めないらしいのでこんなの載せても分からないんだろうな…

 

f:id:apapoyo:20201124211117j:plain

新コロ死者推移グラフ Financial Times, FT Visual & Data Journalism team NOVEMBER 18 2020

ソース

www.ft.com

 

※↓のデータは2020年11月25日に追記

f:id:apapoyo:20201126180125j:plain

2020年11月25日:新型コロナ各国の人口比の死者数

ソース

ourworldindata.org

 

 

「コロナ観」がTwitterでトレンド入りしていました。

 

少々覗くと、興味ぶかいツイートが一杯。

 

私は、3月から「コロナは感染しやすいタダの風邪。気をつけないといけないのは高齢者だけ」とTwitterやブログで発信し続けてコロナ脳者と戦ってきたので、今更感ですが(苦笑)

apapoyo.hatenablog.jp

 

 

で、何?

 

未だに、自粛警察ゴッコしている人達は、新コロ新宗教にでも入信されているのかな?

 

狂信者って、ホント怖い怖い…

 

※昔、元首相の小泉某が「人生いろいろ、コロナも色々」なんて、言ったとか言わないとか…苦笑

小泉純一郎とは何者だったのか (講談社文庫)
 

 

 

GoToトラベル夫婦旅で気づいた、人生と仕事の「あき」

 

〇私(夫)は「損にフォーカス」するタイプだが、多くの人は「得に目が行く」らしい。だからマジョリティは騙されやすいが、私は騙されにくいのではないか。

これはTwitterをやっていても感じること。多くの人が「目先の得(←錯覚)」に心奪われ、結局は損する選択をしている。私は「損することが嫌い」で、損に意識がいくため保守的な投資手法(資産配分)ですが、この15年ほどの結果として、かなりの投資益が出ています。

-----------------------------------------------

 

「与える」でも面白い分野は? 一方、たいていの分野は「与えられる」側で満足。

この「与える側でも面白い」という分野が、その人にとっての「天職」である可能性が高い。与える側の方が面白いと感じるのは、私だと「教育分野」、妻は「身体に関する分野」。一方、ゲームが好きだった私ですが、ゲームを作る側に立ちたいと思ったことは一度もありません。妻も、ファッションが好きで、昔はアパレル企業で働いていましたが、ファッションにおいては「与える側ではなく与えられる側で良い」と感じ、転職をした経緯アリとのこと。

-----------------------------------------------

 

〇人生の収穫時期とかけまして、仕事に向き合う姿勢と解きます。そのこころは、どちらも「あき」がきたでしょう。byねず妻

私は、父の会社経営(すでにM&A済み)がずっと良好でしたので、どちらかというとお金に恵まれた家に生まれ育ちました。実際、一度もお金で苦労したことはありません。しかし、贅沢どころか、マス層の家庭に生まれ育った同世代の人達よりも質素倹約の生活をしてきた方だと思います。両親、いわゆる富裕層ド真ん中ですが、父はお安い軽自動車乗ってます。母は、ブランド物は1つも持っていませんし、安い超大衆用の普通車に乗ってます…。

実際、学生時代も家賃1万5千円(四畳半・風呂ナシ・トイレ共同・築50年以上)に住み、ほぼ親に頼らず生活していました。社会人になって、人並み以上のお給料を貰うようになっても、ムダ使いをしないよう心がけ、人並み以下の生活をしていきました。今では、人並み以上に稼ぎがありますが、車は中古の中古、国産社用車の18年落ち乗ってます。

そして、20代から適度に資産分散をして資産形成をしてきました。結果、中年おじさんですが、世帯資産を考えると、もうセミリタイアしても問題ない程度の資産を保有するにいたりました。加えて、親から引き継ぐ資産を考えると「どうして完全リタイアしていないの?」と言われるかもしれません。

お金の心配がなくなった30代後半から今まで働いてきた理由は、今の職場の労働環境が非常に恵まれたもので、かつ私が現職の仕事内容に興味関心があったからでした。しかし、責任者を任されても、今の仕事や職場での「気づきや学び」が少なくなってきました。つまり、仕事に「飽き」てきました

そして、私や妻、両親の年齢を考えると、もう貯蓄(お金もキャリアも)の季節は終わり、人生における収穫の「秋」なのではないか?と思うに至りました。だから、あと1年数カ月で現職を辞めようと思っております。もしかするとあと数カ月で辞めるカモ。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

Go To トラベル第何弾?????

 

1.南東の海へ(夫婦)1泊

2.近場の秘湯(夫単)1泊

3.アニメな地(夫婦)1泊

4.超有名温泉(夫婦)2泊

5.この木な海(夫単)2泊

6.秘湯温泉宿(夫婦)1泊

7.河岸段丘山(夫婦)1泊←いまココ

 

7回目の利用(夫婦では5回目のGoTo旅)行ってきました。

 

最近、妻の仕事が忙しく、いつも以上にやりとりする時間が少なかったのですが、旅は良いですね。会話が弾みます。で、妻との会話における気づきが上記の3つでした。
--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

今回の旅で、改めて「人生と仕事の””あき””」を感じたので、妻にも「無理して働かずに、テキトーにやりたい仕事をやればいいよ」と伝えました。

 

仕事辞めて、隠居(リタイア)生活になったら、とりあえず沖縄でゆっくりしたいな、と思っています。最近、ときどきコノ本を読んでイメージ膨らませ中(笑)

沖縄の島へ全部行ってみたサー (朝日文庫)
 

 

※付記

旅行先は、新型コロナウイルスをほとんど気にしない私でも驚くほどの人、人、人でした。でも、屋外にも関わらず、9割以上の人がマスクをしていて(しかもチン〇ラのような集団もイケイケな若者たちも屋外マスク着用)、私は驚きました。

「日本人の同調好き(空気の文化でしたっけ?苦笑)」にはウンザリ。自然を満喫しにいったのに、外の空気を生で吸わないなんて…。もちろん、私と妻は屋外ではマスクはしませんでした。秋の素晴らしい空気吸って、少々の新コロウイルスを吸って、免疫つけろ免疫!(笑)

 

新型コロナについて4月に「ちゃんと数字みてから考えてるの?」と下記ブログを書いたら、まずまず叩かれましたね。2,3月に「コロナはただの感染しやすい風邪」とツイートしたら、けっこう叩かれましたね(笑)

 

日本国では毎年肺炎で約10万人が亡くなってますが、新型コロナフィーバーの2020年、新コロちゃんで亡くなったのは現状2000人弱のようですね。

 

他の数字も見ず(比較しない)、割合で考えられない人達って、ウマシカすぎます…苦笑

apapoyo.hatenablog.jp