「みのたけ」の 教育・投資・生活etc

可能なら皆幸せな社会が良いけど、実際むずかしいよね …(苦笑

幸せに生きる「身の丈」の素晴らしい暮らし方 

 

 

幸せを感じるにはコツがあります

普段から身の丈に合った生活をすることは当たり前

 

 

大事なのは

身の丈より少し下の水準で暮らすこと」

 

 

例えば

年収300万:平均交際費が月3万なら→2万で日々を楽しむ

年収500万:平均的家賃が月7万なら→5万の家賃で暮らす

純資産が1億になっても→資産1000万しかなかったころと同じような生活を続ける

 

 

このように

意識して自分の身の丈よりやや下の水準で普段の生活を送る。

 

 

すると、ちょっとした贅沢で「幸せを感じる」ことができます。

 

 

毎日贅沢している人は、その贅沢が「当たり前」になってしまい、そこに「幸せ」を感じることができなくなってしまいます

 

 

なぜなら

良くも悪くも人は慣れてしまう生き物だから。

 

 

逆に、普段は「控えめな暮らし(身の丈以下の生活)」をしておくと、ちょっとした贅沢を味わう機会があると、とても幸せを感じることができます。

 

 

人は「差違」に敏感なので

その差違を逆の視点から利用しようということ。

 

 

意識して身の丈よりやや下の暮らしで生活を送って、

ちょいな贅沢で「幸せ幸せ」と感じて生きていきましょう

 

 

「幸せを感じる仕組み化」

↑自分の暮らしに組み込んでいくとよいですね

 

 

すると

あら不思議

 

いつの間にか

カンタン&幸せに「資産1億円達成」しちゃいますよ  ^_^

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

【2020年7月1日追記以下】

負け組と言われる人達は「自分から負け組になることを選んでいる」

勝ち組と言われる人達には、確かに「運の部分もある」

しかし、勝ちの立場の「持続」は「勇気と挑戦、努力と根性、忍耐と我慢、知恵と工夫」で積みあげてきたナニかがあるからできる

そこには他責もクレクレもない

と、誰かが言っていたとか言っていないとか…

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

みのたけ」で楽しみ幸せ感じながら「いまをいきる」 ^_^

 

ありがとうございます。

 

f:id:apapoyo:20191001023007j:plain

幸せ感謝ありがとうございます ^_^

 

清貧の思想 (文春文庫)

清貧の思想 (文春文庫)

 

 

 

雇われ卒業して遊びまくっているわけだけれど

 

本日は、山登り、写真撮り、温泉入浴

 

思い出の地を車でブンブン

 

連日、南に行ったり、西へ行ったり、北へ行ったり

 

遊びまくっているわけです

 

 

20年ほど前は、バックパッカーとして世界中を動きまくり

 

10年ほど前は、シャアハウス住人としてパーティーしまくり

 

そして、今回は、自遊人として、小旅しまくり遊びまくり巡りまくり

 

 

そのうち、また別のこと(おそらく勉強)をしたくなると思いますが

 

それまでは、気の向くまま、思いの浮かぶまま、遊ぶが勝ちだと思っています

 

 

今日は月が綺麗ですね ^_^ ^_^ 

 

 

雇われ仕事から距離を置いた感想

 

今月になり、それなりに長く勤めた雇われ仕事から距離を置いた。かなりヤリガイや生きがいを持って働いていた仕事内容だったので、卒業すると自分はどんな気持ちになるのだろうか? と、心配な部分のあったのだけど…

 

現状

非常に清々しい  ^_^

 

自分でも驚くほど

前職への未練がないと気づいた(笑)

 

 

労働環境的には、もの凄く恵まれた職場だったが、ここ数年は組織の質の低さに辟易していたので、サッサと見切りをつけて正解だったようだ。

 

今まで、フルタイムで幾つかの企業組織を経験してきたが、それらの退職後と比べても、なかなか良い清々しさ。

 

 

働きたくなければ働かなくて良いという環境(それなりに裕福な家庭)に生まれ育ったので、お金のために一生懸命働いたり、人並み以上に倹約する必要はなかったのだけど。私は、けっこう気合い入れて本気で働いた&倹約して生活してきたと思う。

 

「自分の人生分は自分で稼ぎ蓄えておきたい。家の支援が無くても自分で食っていける職業能力をつけておきたい!」という想いを持って、20年間ほど働いたり、働きながら色んな資格を取得したり、たまに留学したりしてきた。

 

でも、人生も折り返し地点なので、これ以上は不必要に倹約したり職歴つけたりする必要はないと思うに至りました。より正確にいうと「両親や妻との時間を優先させる人生の時期に入った」と認識。

 

 

ということで、おそらく今後数年間は、趣味的なパートタイム労働はあっても、フルタイムで働くようなことはなく、両親や妻、そして友人達と楽しく幸せな時間を共有するという方向に進んで生きます。

 

 

趣味として、また幾つかの資格を取得したり、なにか学びの場に向かうということはあるかもしれませんが。それは私にとっては趣味娯楽の分野に入るので(笑)。若い頃のように「自分の職業キャリア形成のための資格取得!」というようなガリゴリのやり方はしないと思います。楽しく学び、楽しく過ごす ^_^

 

 

そんな感じ

 

 

自由な毎日

 

何が書きたいということはない

 

ストレスフリーだと書かないのかね

 

自由な暮らしはいいね ^_^

 

 

朝、決まった時間に起きる必要もない

翌日の仕事を心配しながら過ごす必要もない

強制的な人間関係(職場の同僚や顧客)に煩わされることもない

 

 

毎日、自分の人生を生きる

 

そんな生活をすごしはじめております

 

 

約10年ぶり

と、言っても

 

30代だった前回も

20代だった前々回も

次の何かに向けて資格取得(スキル)や転職活動(キャリア)を意識しながら過ごしていました。

 

でも、今回は、そういうことを考える必要もない。

考えたとしても「趣味の範囲」で良い。

 

 

自分が考えるように生きる

自分が生きたいように生きる

 

そんな風に、生きはじめております。

 

目の前と今「今を生きる」人間の若葉・青葉・枯葉・落葉

 

 

気がつけば、皆、老いてしまった。

目の前のことに「追われている」うちに。

「今を生きる」ことを忘れ、老いる。

 

 

わかばを見ると
むねが晴れ晴れする。
ぼくら子どもも ほんとは
人間のわかば
天がほら。
あんなに晴れ晴れしている。
ぼくらを見まもって……。

 

 

春の若葉

夏の青葉

秋の枯葉

冬の落葉

 

 

「今を生きよう」

目の前のことに追われて終わらないように。

 

 

※今、金木犀の匂いを感じながら生きていますか??