「みのたけ」の 教育・投資・生活etc

みのたけ中年の趣味用雑記メモ(非収益化ブログ)。倹約と投資で労働から卒業した隠居生活者。投資歴は20年ほど。

2022-11-01から1ヶ月間の記事一覧

他人依存主義=空気至上主義=自己決定・自己責任からの逃避

日本という国や日本人集団の行動修正の遅さは本当に酷い。旧日本国がそれを怠ったのが先の大戦であり、現行の日本国では今回のコロナ騒ぎもまた然り。 この日本社会の決断修正の遅さ=愚かさの原因は、国民各自が抱えている「決定における他人依存主義=空気…

空気の奴隷と主体性

◆理屈の通ったリスクを取ること ◆主導権を持って行動を起こすこと ↑ この2つは「主体的に生きる」必須条件じゃないかな? 「空気の奴隷」として生きることと真逆かも? 新コロ禍の3年間で明確になった空気人間は (=ワクチンワクワク、顔オムツ大好きetc…

美名の裏側にある本質

「美名の裏側にある本質」を見定める“努力や工夫”をしているかどうかは、とても大事。本質を見極めることは難しいが、主権者であるなら少なくとも意識して努力すべき。 「耳触りの良いキレイゴト」は受け入れ易いが、そういう類には大抵裏があり、そういうコ…

緊急ではないが重要

「どうせ◇◇なのだろう、心配してもムダ、期待してもムダ」「まだ決まってないのだから…」などと言う人は多い。しかし、決まる前の段階が重要。こういう眼前思考者に限って、決まってから大騒ぎする。コトが起こってから騒ぐのでは手遅れで愚かで邪魔なだけ。…

迎合惰性と決断行動

新コロは2020年の1月から2022年春頃まで、真剣に各国の元データなど確認作業を繰り返しながら情報を追いかけ続けました。 当初はウマシカな自粛警察や「つべこべ言わず、とにかくワクチン打て!」とまで言っていた嘘つき煽り犯罪者たちが跋扈。そこに目先思…

嘘は真実になり 真実は嘘になる

嘘は真実になり 真実は嘘になる 人間社会って… 宗教でも政治でも、経済でも教育でも 歴史を眺めれば「当たり前は常に変化してきた」のだが 「その時その時の眼前の当り前」が真実だと社会(民の多数派)が信じ込み「当り前」とみなされる 人間社会とは、なん…

空気人間=全体主義者

全国民参加の新コロ騒ぎによる大社会実験によって「空気人間=全体主義者」であると証明された。 そして、大きな問題は「空気人間は自分が全体主義に加担していることに気づいていない」という点。 バカだから空気人間なのか、空気人間だからバカなのか。お…