ぱやぱやな人生・教育・生活などなど

けっこう毒舌で、徒然なるままに書いてます by あぱぽよ

老いと時間とイーストウッド

 

何でも金で買うことができたが

時間だけは買えなかった

 

 

 

クリント・イーストウッド主演兼監督の映画「運び屋」を観てきた。

 

基本的に、まったりゆったりとした映画。

 

山場らしい山場も、あるのかないのか。

 

「グラントリノ」の方がインパクトあったなぁ~

 

なんて思っていたけど、「運び屋」の方が深イイのかもと思う。

 

なぜなら、「運び屋」は観る人によって異なる「主題」を感じとれる映画だと思うから。

 

アメリカの人種問題

 

ギャングの人間性

 

家族というもの

 

夫婦というもの

 

仕事というもの

 

犯罪というもの

 

なんか色々と主題と思われるものを内在している映画

 

 

 

映画の中で私が最も印象深かったのは

何でも金で買うことができたが

時間だけは買えなかった

という言葉。

 

 

 

私にとって、この映画の主題は

老いと人生

(命とは限りあるもの)

と感じられた。

 

 

だから

この限りある命(人生の時間)を自分はどうやって使うのだ?

と、改めて自分に問い続けなくてはいけないと感じさせてもらった。

 

 

 

アカデミー賞は取れないと思うけど、良い映画でした。