「みのたけ」の 教育・投資・生活etc

可能なら皆幸せな社会が良いけど、実際むずかしいよね …(苦笑

雇われ仕事から距離を置いた感想

 

今月になり、それなりに長く勤めた雇われ仕事から距離を置いた。かなりヤリガイや生きがいを持って働いていた仕事内容だったので、卒業すると自分はどんな気持ちになるのだろうか? と、心配な部分のあったのだけど…

 

現状

非常に清々しい  ^_^

 

自分でも驚くほど

前職への未練がないと気づいた(笑)

 

 

労働環境的には、もの凄く恵まれた職場だったが、ここ数年は組織の質の低さに辟易していたので、サッサと見切りをつけて正解だったようだ。

 

今まで、フルタイムで幾つかの企業組織を経験してきたが、それらの退職後と比べても、なかなか良い清々しさ。

 

 

働きたくなければ働かなくて良いという環境(それなりに裕福な家庭)に生まれ育ったので、お金のために一生懸命働いたり、人並み以上に倹約する必要はなかったのだけど。私は、けっこう気合い入れて本気で働いた&倹約して生活してきたと思う。

 

「自分の人生分は自分で稼ぎ蓄えておきたい。家の支援が無くても自分で食っていける職業能力をつけておきたい!」という想いを持って、20年間ほど働いたり、働きながら色んな資格を取得したり、たまに留学したりしてきた。

 

でも、人生も折り返し地点なので、これ以上は不必要に倹約したり職歴つけたりする必要はないと思うに至りました。より正確にいうと「両親や妻との時間を優先させる人生の時期に入った」と認識。

 

 

ということで、おそらく今後数年間は、趣味的なパートタイム労働はあっても、フルタイムで働くようなことはなく、両親や妻、そして友人達と楽しく幸せな時間を共有するという方向に進んで生きます。

 

 

趣味として、また幾つかの資格を取得したり、なにか学びの場に向かうということはあるかもしれませんが。それは私にとっては趣味娯楽の分野に入るので(笑)。若い頃のように「自分の職業キャリア形成のための資格取得!」というようなガリゴリのやり方はしないと思います。楽しく学び、楽しく過ごす ^_^

 

 

そんな感じ