「みのたけ」の 教育・投資・生活etc

可能なら皆幸せな社会が良いけど、実際むずかしいよね …(苦笑

「最大多数の“眼前幸福”」と、ゴールドマン・ロックス(目先思考の先送りと普通選挙制民主主義の衆愚政治)

最大多数の最大幸福(功利主義)と民主主義


現時点では誰も傷まない国家による負担
=「先送り(将来世代へのツケ)」


政治家は、今の日本がやっていることは「負担の先送り」と分かってる

しかし、先を見ようともしない人たち(国民の多数派)にとっては眼の前の快楽が最適解

政治家は選挙で選ばれるのが仕事なので、当然「大衆迎合的政策」をアピールする

新コロを例に出すまでもなく、先のことを考えない目先思考の人達が人間の「マジョリティ」

つまり、普通選挙制民主主義(全国民主権)の根本構造は「最大多数(衆愚)による『眼前』幸福の追求」=衆愚政治

このように、普通選挙制民主主義は衆愚政治(目先政策による負担の先送り)になっていくという構造的欠陥を抱えたボリュームゾーン政治でしかない




※私の思考特性は、長期、コスパ、批判=黄金ROX!
※妻の思考特性は、目の前の課題に対して分析的視点を持ちつつ愚直に取りくむ「冷静な情熱家」