「みのたけ」の 教育・投資・生活etc

可能なら皆幸せな社会が良いけど、実際むずかしいよね …(苦笑

マスゴミ新聞社と「押し紙」って知ってますか? 既得権者による詐欺

 

押し紙」というのは、新聞社による「部数詐欺」。誇大部数をもとに広告費をボッタクる、新聞社による長年続いている詐欺行為です。


新聞記者含む業界内の人は知っているが、己のメディアでは報道しない。なぜならマスコミ者達は「自分たちの業界は特権階級」だと思ってるから。


中を知らない人たちは、新聞社にジャーナリズムなんて期待してはいけない。問題意識があるホンモノの記者は、組織を退職して20年前から報じてきた。

 

新聞なんてのはジャーナリズムではなく、ただの煽り瓦版。

 

www.kokusyo.jp

 

 

マスコミ業界は、自分たちの既得権や不正だけは特別扱い(棚上げ)して、学校教育や政治官僚企業etcを叩きまくってきた。


それができたのは、単純にマスに届く「メディア(媒体)」がマスコミしかなかったから。マスコミだけが超既得権益支配層・上級国民だった。


入社当初は「これはおかしい」と思っていた中の人(記者達)も、10年したら業界に染まって自己弁護(業界既得権擁護)を繰り返すだけで何も見えていなかったね。業界の自己矛盾(上辺のキレイゴト主義)が見えてるガチンコの人達はマスコミを辞めていった。


ネットメディアの登場によって、旧マスコミ(新聞テレビ)がやっと批判に晒されるようになった。マスコミの中の人間が「全部が全部、全員が全員そうじゃない!」と言っても、そうは問屋が卸さない。


なぜなら、例えば『マスコミの学校教育批判は、一生懸命に教育に取り組んでいた素晴らしい教師達の人生をも批判の渦に巻き込み沈めてきた』のだから。マスコミの過剰な学校教育批判煽り叩きで、どれだけ学校現場が疲弊してしまったことか。


マスコミがやってきたことがマスゴミに返ってきているだけ。分かっていたのに声もあげず改善もしなかったマスコミ業界と中の人達の責任。


今まで自分たちが批判する既得権に自分たちだけが最も守られ、年収1000万もらってきてたマスコミ業界が異常だったのよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

※基本的に「個人」がマスコミの取材を受けることは避けたほうがよい。


マスコミの内部を知らない人たちは、新聞記事をありがたがり、取材されては喜んできた。そうやって一般人は自分から喜んで取材を受け、個人情報を全国にばら撒いていた。


「商売がらみの売名」でないなら、メディアの取材を受けることは「自己満PR」以外ではデメリットしかない。


特に新聞は「準公」扱いなので危険極まりない。紙の新聞は、図書館などで半永久保存されている。しかし、図書館の紙保存なんてマシな方。


デジタルな現代では、地方紙からの取材を受けただけでも瞬時に全国全世界に個人情報が拡散され、基本的にネット上に永久保存されてしまう。


もちろん新聞各社は社内データベースに詳細検索機能付きで保存している。今後、新聞各社は今までの記事データを「検索機能付き」でWEB閲覧商売として充実させていくだろう。そんなものを、お金払ってまで使うのは「悪い人(儲けを企む人)」が多い。登記情報と同じ。あぶないあぶない。